Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】ハサミムシも生態系の一員!ハサミムシのすべてについて

/
/
/

人々が最も多く誤解している動物の一つは、昆虫である。 昆虫をただハチャンゴいやらしい小動物ぐらいに扱う人がいれば、人を止まるか、または農作物に被害を与える害虫で、ここの人もいる。 しかし、昆虫も、他の動物のように生態系のバランスを成​​し遂げるために重要な役割をする生命体である。 代表的な事例がまさにハサミムシだ。

三つの部分で構成されハサミムシボディ

ハサミムシボディは腹部、ボディの先端、はさみそう3つの異なる部分に分けることができる。 まるでピンセットやピンセットのように見えるトングは防御をしたり、餌をキャッチするときに使用する。 オスハサミムシはカーブ鉗子の一方雌はまっすぐに伸ばした人差し指を持っている。 そしてハサミムシは捕食者の周りを分散させるために、黄褐色の液体を分泌することもが無害である。

ハサミムシの中でも翼があり、飛ぶことができる種ができる。 ハサミムシは0.5〜3インチまで成長、他の昆虫のような触角と6本の足を持っている。 狭く平坦で、長い形をしており、黄色、赤、ダークブラウン、ブラックなどの色も様々である。

冬の冬眠のための巣の中に入る

ハサミムシは生き残るために湿らし、暗い環境を必要とする。 主に山盛りに積まれた落ち葉や堆肥、樹皮、木材などが積もったところで見ることができる。 ハサミムシは、冬には冬眠必要があり、この時の寒さを避けるために、6フィート(1.8m)の深さの地下に身を隠す。 この時期だけは寒さを避けるために人が住む家を探しハサミムシもある。

壁の隙間を介して家の中に入って、トイレや地下室、キッチン、ガレージのように湿気のある空間を追求する。 ハサミムシは人に害を与えないので、なるべく傷つけたり追い出す必要はない。

トングが多少危険に見えるが、餌を食べたり、自分自身を保護するために使用だけであって脅威を受けない限り、絶対に先に攻撃しない。 しかし、このハサミムシを懸念することができる唯一の問題は、室内の植物や花を損傷させることができるというものである。 ハサミムシは、痛みを誘発する唾液がないので、人に脅威を与えないだけでなく、病気のボギュンチェでもない。

そして冬眠するとき繁殖しないので、家の中でハサミムシが増殖する心配はない。 むしろハサミムシはファリーナ蚊のような他の昆虫を食って家の中の他の害虫を減らすのに役立ちます。

▲室内に入ってきたハサミムシは、室内の植物や花に損傷を与える可能性がある(写真=ⓒピクサーベイ)

雌ハサミムシは母性本能がある

一般的に、昆虫は哺乳動物とは異なり、子を産めば世話ない。 したがって昆虫の子は、自分に成長していかなければならない。 しかし、これは、母性本能がある雌ハサミムシは適用されない。 雌ハサミムシは卵を産んだ後、一定期間卵と幼虫を保護する。

そして卵が孵化した後でも、子が2次変態を経るまでそばで守ってくれる。 子ハサミムシは、成体になるまで、約5回の変態時期を持つ。 語尾が子を離れるときは、子は、すでに自分の保護して餌を見つけることができる状態になっている。

ハサミムシは無生物対象にヒッチハイクをする

ハサミムシはヒッチハイクに有能である。 ハサミムシは、通常、飛ばず、一度に長距離を移動できないため、別のターゲットについている場合が多い。 しかし、動きに制約があってもヒッチハイク能力のために、米国東部で西部まで横切っ繁殖することができる。

ハサミムシは、主に夜の時間に隠れてギア通って新聞や荷物、車両、木材、建築資材、花のような無生物についている。 したがって持ち物を後ろに落ちるが、いずれかの場所についているハサミムシを見ることもあるだろう。

ハサミムシの名前は神話に由来したもの

非常に長い時間前にヨーロッパをさまよっていた神話の人がベッドではなく、床の上で寝る寝る、その人の耳ハサミムシ(earwig)がギア入るという話があった。 このワームは、人の耳で卵を産んで、脳に入って、最終的に人を狂わせる作るものである。 しかし、実際には、ハサミムシは人の脳まで入らない。 しかし、温かいものをルックみると耳には入ることができる。 ハサミムシは暖かく狭いスペースを好きなので、人の耳には適度な空間になることができる。

今ハサミムシのいくつかの情報を知ることになったから偶然ハサミムシを見るされても驚いたり恐怖にとらわれなくてもよい。 実際には、このような昆虫のために間違っ知られている情報のために、人々が不必要に多くの昆虫を殺しているのが現状である。

▲ハサミムシ(earwig)という名前は、この虫が人の耳に入って卵を産み、脳まで入る神話でついたものである(写真=ⓒFlickrの)
This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!