Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】中南米地域で表示される「ジカウイルス」、サルからも発見

/
/
/

動物たちから移る感染症は、人間に影響を与えるように、かなり深刻だが、最近研究では、サルが持つしたウイルスの脆弱性は、人間にも影響を与えるということが発表された。 まさにじウイルスだ。

猿とじウイルスに関する事実

サイエンスデイリー(Science Daily)の記事によると、科学者たちは、ブラジルの多くの地域で死んだサルの体を検査した結果ジカウイルスを発見することができたと言う。 △ベロオリゾンテ△ミナスジェライス△サン・ジョゼー・ド・リオ・プレト△サンパウロなどでサルが黄熱病にかかったことが恐ろしい地域住民がサルを殺したのに、実際には猿は黄熱病ではなく、ジカウイルスにかかったのである。

責任研究員マウリシオ・レ立つ野口にと(MaurícioLacerda Nogueira)という研究結果が、ブラジルで起こったジカウイルスが「野生伝染サイクル」に続く可能性を予測した詳細に説明した。 野口にというサン・ジョゼー・ド・リオ・プレト医科大学の教授とブラジルウイルス学会の議長を務めており、サンパウロ研究財団が研究者らにこの研究を進めることができる財政の後援をしてきている。

じウイルスが、黄熱病のように野生伝染サイクルに従う可能性があることを示した研究では、ジカウイルスが人間に繰り返しそしてかなり頻繁に感染する可能性が高い自然媒体を持っているという点を見せてくれて、以前に知られている感染症学的事実と異なる点を示唆した。 数年前、科学者たちは、人から発見されたジカウイルスが猿から発見されることを見つけ出した、この研究では、野生のジカウイルスを発見した最初の研究でジカウイルスが私達が思ったよりも蔓延していることを示した。

住民に殺害されたサルを研究した科学者たちは、人間に影響を及ぼしジカウイルスおよびサルから発見されたウイルスの遺伝子構造を比較したところ、全体的なゲノムシーケンスは、人間に見られたウイルスと同じだった。 さらに、研究が行われたその週に猿が死んだところの蚊を調査したりしており、この蚊がジカウイルスを移す媒介ということを明らかに。

黄熱病サイクルの脅威

黄熱病、このような地理的位置の動物に、より多くの感染という事実は、人間に多大な脅威になるということを反証する。 この伝染病は、まだ人間に非常に危険であると考えられ、抗ウイルス剤やワクチンなどの予防接種で感染を防ぐには努力にもかかわらず脅威となっている。 △公衆衛生の△健康専門の△ワクチン開発△国会議員のより高い主義と警戒心を必要とする。

じウイルスは、アフリカのサルから初めて発見された、人だけでなく、他の猿たちに感染されるように作り、アジア越えて来たとき、人々だけがウイルスに感染した。 これはデング熱ウイルスが米国に侵入したときと同様の性格を示している。

より多くの研究の必要性

じウイルスは自然に猿に感染するため、哺乳類が媒体となって熱帯都市、地方にウイルスを感染させることができる。 研究者たちは、これに対して、より多くの研究を実施しジカウイルスが都市にどのような影響を与えるかを正確に把握する必要があると主張する。 さらに、熱帯性気候のラテンアメリカ地域での人ではなく、動物に感染がされている方法を把握するために、後続の研究が必要であると付け加えた

サイエンス磁気(Sceince Mag)の記事では、これまでの研究が蚊とジカウイルスの関係についてのみ説明していると言って、この蚊は主に子供デスアエギプチ種で​​人を聞いて、ブラジルに伝染病を引き起こした原因になったとする。 これらの人の血を食べることがますます困難になると猿の血を餌にみなすようになったが、これを見ると、野生でジカウイルスが広がって成長するためには蚊が猿の血を直接吸うべきであることを知ることができる。

このウイルスは、人に感染していないままのサルの体内で長い間潜伏している可能性がありますが、そのような場合は発見されたことはまだない。 またじウイルスが猿と人にのみ感染があれば、サルから発見されたウイルスは、人の体の中に感染したものとは異なる遺伝的構造を持っているかもしれないが、遺伝子分析でこれを判断するのはまだ難しいことができる。

野生でじウイルスがたくさん表示されないのは朗報だ。 まだじウイルスのためのワクチンが承認されるか開発されてはいないが、もし効果があるワクチンが表示される場合の感染者が他の人に病気を伝染させる前にウイルスを退治する時間を稼ぐことができるようになる。 しかし、ワクチンを利用したり、蚊を制御する方法にもかかわらず、野生では、ジカウイルスを制御するなかなか難しいことではない。

一方、科学者や研究者の絶え間ない努力のおかげで、より多くの結果が表示されており、人間の生活の質を向上させた。 今、サルもジカウイルスを移すことができるという事実が明らかになったので、人々は猿にアクセスする前に、警戒心を持って慎重にすべきである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!