Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】飼い猫のみニャー?猫の鳴き声のすべて

/
/
/

猫の保護者であれば、毎日聞く「ニャー」音。 猫の鳴き声を代表する音を、野生の猫はないというのが事実なのか?

事実である。 家猫のほかの音を出すネコ科動物は、ヨーロッパの野生の猫とアフリカの野生猫、カラカルと南米汚れオオヤマネコなど単4種類だけである。 次に、どうして人間と生活する猫だけ音を出すのだろうか? これから猫のニャー音に関するすべてのことを知ってみましょう。

▲ソース=ピクサーベイ

猫との意思疎通のために学ぶ必要が5つのパターン

猫の鳴き声の音を分析した研究チームによると、家の猫の音は人とのコミュニケーションするために開発された能力だと主張した。 研究チームは、米国の猫を対象にどのように多くニャー音があるか分析し、535個の音が5つの明確な特徴として現われること調べた。 その中の一つの食品のためのコミュニケーションの音だ。

しかし、いくつかの猫は、単に音だけで食べ物を要求はしない。 時には人の足首に頭をこすったり尾を空中に立てることもあるなど、行動に、これらの意思疎通をするというものである。 た媒体によれば、このような猫の場合は、自分の保護者を猫だと思って鳴き声の音を出さなくても、自分が食べ物を求めていることを気付かと考えていると説明した。

米国コーネル大学の研究チームが分析した資料によると、食品を要求したとき出す音は猫たちのユニークな5つの特徴の一つで、残りの4つ▲助けを求める声▲戦うとき出す音▲位置を確認するための音▲恐怖心から出てくる音などであった。

まるでヨーデルを呼ぶように長く音を出す猫もいますが、これは例えば、自分が階下にあり、保護者が上の階にある場合、長距離通信をしようとするために出す音だ。 他にも、まるでささやくように低い声で鳴き音を出す猫たちもいる。

▲ソース= Flickrの

以外の音に

ラッセル音は猫が低く、繰り返し出す音だ。 この音を出すときは、猫の体の中の小さな振動が発生する。 明確な原理は、まだ明らかにされていないが、現在のところ、脳内の特定の信号を送信する喉頭と横隔膜の筋肉が振動し音であると考えられる。

ニャー音と同じように、それぞれの猫が出すラッセル音もすべて異なっている。 一部の猫は、高音に出すこともが非常に低く、静かで出す猫たちもいる。 一部の学者は猫が骨の成長や痛みの軽減、あるいは傷の治療のための一種の治療の補助法でのどをたてるときの振動周波数を活用して、自ら治癒したりすると説明した。

他にも高く低く震えるトリル音を出す猫もいる。 この音はニャーとラッセルの中間程度され、親切に迎えて挨拶すると、出す音だ。

猫とのコミュニケーションする

研究チームは、猫の音を解析する実験も行わしたが、人々に孤立している猫の鳴き声の音を聴かせて、これらは何を言うかを質問した。 研究結果の猫をよく知っている人は、猫が配信されるメッセージを正しく受信したことが分かった。 また、これらの家の猫の鳴き声の音とアフリカの野生猫の鳴き声の音を比較することもしたが、家の猫が出す音が人間に、より良く聞こえる傾向があることが確認された。

ニャー音を出す譲渡猫の品種に応じて、他のことを示してたが、仮にシャム猫のような東洋由来の品種の場合口数が多かった。 また、いくつかの品種は、自分の声をもっと聞くように見え、逆に保護者ともっと会話したい猫の品種もあった。

猫の鳴き声の音は、一般的に、保護者の関心を引き付けるか、または食べ物を求めて、あるいは孤独アリか、ストレスを受けることを示す複数の信号になる。 もちろん、体が痛い時もニャー音を出す。

保護者は、自分の猫が出す音を無視せず、他の問題があることを確認するために、より一層関心を傾けなければならない。 トイレが届かなかったり、あるいは部屋に閉じ込められたか、水のボウルが空たりするマイナー理由で音を出すこともあるので、このような音を理解することができない場合は、きちんとしたコミュニケーションを行うことができない。 このようなコミュニケーションの不在は、ひどい場合は猫を殴ったり叫ぶなどの乱暴な行動につながることができるということに注意しなければならない。

しかし、あまりにも頻繁にニャー音に反応してくれる必要はない。 猫がニャー音を立てたいことどんどん得る場合、猫は自分が欲しいものを得られないとき、より大きな音を出すことができる。 猫が小声で出すときに補償を受けて大きな音は無視されるということが分かるように訓練することが重要である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!