Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]犬の変性骨髄炎の原因、症状と治療法

/
/
/
▲ソース= Flickrの

犬の退行性骨髄炎と簡単に言うと、脊髄の「絶縁コーティング」が摩耗されて壊れたものである。 これにより、神経の情報を伝達する神経細胞が死ぬ。

つまり、この病気は、脳と手足のコミュニケーションを妨害する。 結果的に犬は後ろ足の運動能力を失って排尿を調節するために困難を経る。 症状がひどくなると、前足も動くことができず、最悪の場合が呼吸が不可能である。

退行性骨髄炎は、成犬になった時発症し始め個自ら歩くことができなくなるまで徐々に進行される。

通常大型犬の場合、8〜9歳の間、小型犬の場合、11歳くらいの症状が現れる。 典型的な症状としては、手足のわずかなねじれ、弱体化、後肢の動きの低下などがあり、病気は数ヶ月に渡って行われるため、症状も徐々に現れる。

専門家は、退行性骨髄炎が苦にしない病気であり、進行が非常に遅い説明する。 しかし、他の脊髄疾患も同様の症状を示すので、必ず気の専門家の正確な診断を受けなければならない。 もし退行性骨髄炎ではなく、他の病気であれば、すぐに治療をしなければならないからだ。

残念ながら、この病気を治すことができる方法はない。 ただしリハビリ治療を着実に受けることが犬の状態を改善するために有用である。

足を動かすことができず、排尿を調節できないため、人の助けを必ず受けなければならないということを除けば、犬は、残りの日常生活を享受することができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!