Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]水痘初期症状、発疹や水疱全身に生じ…ほとんど自然治癒されて

/
/
/

水痘は、水痘 – 帯状疱疹ウイルスによる急性ウイルス性疾患である。 症状は急性微熱で開始し、体全体がかゆく足真性水泡が生じる。

水痘感染

かゆい炎症を起こすウイルス感染が原因で、水分に満ちた水泡が全身に私を水痘という。 これは伝染性が強く、他の人に伝播される。 予防接種を受けていない場合、患者に接近することを避けるべきである。 水痘は、簡単に治すことができるわずかな病気である治るところまでは1週間で2週間程度かかる。 可能なワクチン接種を受ける方がいい

水痘の初期症状

水痘をすぐに治療するために、初期症状を知ることが重要である。 水痘が生じた初期には不快感、熱、痛み、食欲不振、吐き気を経験する。 体に水ぶくれと点が生まれる。 深刻なかゆみや乾燥ハムヌル感じるようになる。

▲大人に生じた水痘(出典=ウィキメディアコモンズ)

水痘の潜伏期間

水痘ウイルスは、他の病気とは異なり、簡単に広がる。 ワクチン接種を受けていない人ほど、感染する可能性が大きい。 水痘水疱から出るウイルス粒子を触ったり、空気を介して伝染する。 発疹が現れ、1〜2週間前に感染が存在する。 感染した人が水痘の症状を気付くまでは2週間程度かかる。

▲赤ちゃんに生じた水疱(出典= Flickrの)

水痘の治療

水痘にかかった子供は、治療を必要としない場合がほとんどである。 かゆみを緩和するために、抗ヒスタミン剤だけ処方する。 合併症にかかる危険性がある場合、感染期間を減らすことができる薬を与えたりする。

▲はしかにかかった子供(出典= Flickrの)

水痘の経過

全体的な死亡率は十人に2人程度だが、大人では死亡率が十人に30人である。 主な死亡原因は、成人の場合は、ウイルス性肺炎であり、小児では、二次的な細菌感染症と脳炎である。 白血病患者は高危険群に属し、死亡率が5〜10%に達している。

▲麻疹の症状(出典=ウィキメディアコモンズ)

予防方法

感受性が高い新生児や免疫抑制患者は、水痘患者と接触しないように注意する。 皮下注射生ワクチンを1〜12歳までの感受性がある人に使用する。 一度ワクチンを投与すると、3〜6年の間に70〜90%の防御力が生じる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!