Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]野菜バーガー、栄養成分を確認して選ぶ

/
/
/
▲ソース= Flickrの

野菜バーガーはダイヤから、菜食主義者などが、伝統バーガー類を交換して好んで食べる食品である。 素晴らしい味に健康までもらうことができる低カロリー栄養が、購入時に栄養成分を把握することが重要である。

野菜バーガーの主材料は、様々な野菜と通穀物、豆やレンズ豆豆などである。 野菜に豊富な食物繊維やビタミンなどのミネラルを摂取することができ、パティあたり70〜130カロリーだ。 いくつかのバーガーはキノコを材料にカリウムやビタミンBなどのミネラル摂取も助ける。

しかし、すべての野菜バーガーが健康に有益ではない。 野菜バーガーを購入する場合、必ず包装紙ラベルを確認して栄養成分を把握するのが良い。 いくつかの野菜バーガーは、脂肪と保存剤、添加物が多量に含まれていることもある。 また、一日の摂取目安量の17%以上の高いナトリウムが含まれているパティもある。

タンパク質含有量は、10g未満がよい。 これらのほとんどは、野菜や通穀物で作ったハンバーガーパティを使用する。 タンパク質が10g以上であれば、大豆タンパク質の含有量が高く、まま少量は少ない。 ヘキサンが含まとすれば避けた方が良い。 主靴接着剤の生産などの産業用に使われ、人体や環境に有害である。 キャノーラ油や大豆油などの種子油の輸出にも使用される。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!