Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【健康】右わき腹が痛い…もしかしたら私も虫垂炎?虫垂炎の初期症状・原因・盲腸の位置・治療法総まとめ

/
/
/

虫垂炎は大衆によく知られている疾患であるが、虫垂炎の初期症状を単純消化不良の症状と勘違いして適時に治療を受けられない場合が多い。 虫垂炎の初期症状に気づかずに放置した場合盲腸が胃の中で出て、様々な合併症を引き起こすことができる。 右わき腹やお腹チクチク選べば、必ず虫垂炎を疑ってみなければ理由がここにある。 虫垂炎の初期症状と原因、治療方法について調べてみよう。

虫垂炎の初期症状

虫垂炎の初期症状で最も代表的なのは「右腹の痛み」である。 右わき腹が痛く右腹がチクチクうずくなら虫垂炎を疑ってみなければならない。 しかし、腹の痛みには、虫垂炎を正確に判断するのは難しい。 男性の場合、左腹の痛みがある場合は尿路結石であることもできる。 女性の場合は、右腹の痛みの原因が虫垂炎ではなく、卵巣関連疾患であることもある。 右腹やわき腹の痛みが移動せずに続けて病気になったり、食欲不振、中ワクワク感、吐き気、嘔吐の症状が出た場合虫垂炎を疑わなければならない。

盲腸の位置

男女は盲腸の位置が異なるため、盲腸の初期症状も異なって表示されるものと考えている場合があります。 しかし、男性と女性の盲腸は同じように、右腹付近に位置している。

虫垂炎の原因、治療方法

虫垂炎は虫垂に細菌が侵入して虫垂入口が行き詰まり、発症する。 虫垂が詰まっ盲腸内は細菌や有害物質で満たされて盲腸の内側の粘膜が失われ、炎症が生じる。 重度の場合は胃の中で盲腸が破裂膿が出てくることもある。 虫垂炎の初期症状が現れたら虫垂炎を疑って病院に来院するのが賢明である。 盲腸の手術を恐れ、あるいは当日盲腸の手術が難しく盲腸の手術を先送りする場合もある。 最近へその小さな穴に進行する腹腔鏡下手術で盲腸を治療することができる。 手術時間も10分内外で行われ、当日盲腸手術・退院が可能である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!