Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】なぜ蜂を世話するか?

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

蜂を踏まない日(Do not Step On a Bee Day)という特別な日がある。

ツイッターには、ミツバチを保護するための多くの方法が上がってきている。

ミツバチは、世界で最も多くの花粉媒介者だ。 英国のミツバチは、私たちが食べる食品のほぼ3分の1の水分を担当しており、6000トンの蜂蜜を作る。

ミツバチと熊蜂は非常に似ている。 そのうちの一つは、自分の体に付いた毛である。 この毛着は花粉を収集する。 しかし、ミツバチは、物理的にハチとより似ている。

英国では、25種の熊蜂が、ミツバチは一種しか生息していない。

二昆虫は、それぞれ別個の脅威に直面している。 熊蜂は田舎で花と適切な避難所が不足して生息地を失っている。 ミツバチは、病気やダニに非常に脆弱である。

ミツバチを保護するためのいくつかの方法がある。 まず花粉が豊富な植物を植えなければならない。

そして蜂に水の供給源と、適切な避難所を提供しなければならない。

可能な場合は、ミツバチに砂糖水を数滴を与えてもよい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!