Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】アジアユニコーン、「サオラ」が消える

/
/
/
▲ソース= Flickrの

1992年にベトナムで発見されたウシ科の哺乳類であるサオラ。 頭の私は角「アジアのユニコーン」というニックネームがついた、現存する最も珍しい動物のひとつだ。 絶滅の危機に瀕している動物について紹介する。

サオラ

サオラ(Saola)は、ラオスとベトナムの安南(Annamite)産のみ発見された希少種である。 このように生息地がごく一部の地域であり、個体数も少なく、現在は積極的な保存が必要な動物。 しかし、無差別な密猟と農家の増加に生息はさらに減少しており、問題は深刻である。

これと関連し、国際自然保護連合(International Union for Conservation of the Nature Species Survival Commission)のサオラワーキンググループ(SWG、Saola Working Group)のコーディネーターウィリアムロビー茶ウッド(William Robichaud)は「サオラを入手に時間が不足している」と警告している。 彼はサオラよう見つけるのは難しい種のための保存繁殖プログラムが困難に直面していると、これに加えて無対策のために、動物の生存がより大きな危険にさらさしたと指摘した。

▲出処=ウィキメディアコモンズ

サオラはすでに2006年から世界自然保全連盟(IUCN)から絶滅危惧種に指定されてきた。 IUCNによると、サオラは密猟により長い個体数が減少している状況である。 連盟は、サオラの生息地は、人間の狩猟から完全に保護されていないいると、個体数も極めて少ないと指摘した。 さらに、サオラの生息地地域まで人間のアプローチは増える傾向に狩りに加えて、このようなすべての要素が現在の状況を悪化させている。 特に、ラオスとベトナムの現地住民はサオラ狩りのためにわなを置いたり、銃撃を加えており、これは、サオラ個体数の減少の主な脅威となる。

2010年には、オスサオラに見える動物を捕獲しようとする試みが報告された。 ラオスのボリバルカムサイ(Bolikhamxay)州で行われたこの事件と関連し取得の意図は明らかにされなかったが、専門家は、すでに1990年代から地元の動物園に供給を目的とし、このような似たような試みがあったと指摘した。

現在までに報告されたところによると、サオラ狩りは絶滅を呼ぶ最大の脅威である。 専門家は、ベトナムの人口は9,000万人であり、中国の場合、10億を超えると、もう野生動物を密売する巨大な市場が形成されていると批判した。 さらに、アジアの場合クマやトラ、サンバのような動物が薬の価値があるという理由で密猟されている。 密猟に使用されるわや銃、犬狩りなどはすべてサオラを殺すことができる凶器である。

SWGはサオラ保全の取り組みが重要な進歩をもたらしているが、同時に商業密猟行動はまだ蔓延していると批判した。 これを退治するために、現在では、ベトナムの農村農業開発部と協力して、現地バクマ国立公園(Bach Ma National Park)に世界初のサオラ繁殖センターを設立した。 しかし、繁殖と保存のためには、今のところ見つけることも難しいサオラを取得する必要があり立場だ。 サオラは1992年に初めて発見された後、わずか10匹だけ捕獲に成功した。 これ捕獲した状態で生存することができるようにするために、専門の獣医師と生存管理センターも必要だとSWGは強調した。

▲出処=ウィキメディアコモンズ

これまでの生物学者たちは、カメラトラップを活用してサオラのイメージを得た。 しかし、成功した場合は、ラオスで2回そしてベトナムで3回。 最後に撮影した画像は、過去2013年のベトナムのサオラ自然保全保護区に設置された世界自然基金(WWF)のカメラで捕捉された写真で、当時WWFベトナム支部長は、サオラを再見ることができる新たな希望を抱かせたと、サオラの生存を確保するために密猟と密売、生息地の破壊のための集中努力をすると強調した。

WWFは、当時の社上がっ発見された直後は、地域の罠や狩猟機器などを除去したところ、後に、ラオスのサオラ保護区を探査したSWGメンバーは、この地域で狩猟の痕跡をほとんど発見できなかったと明らかにある程度維持の努力が進展されていることが確認された。 これに加えてSWGと協力している別のグループである生物多様性と森林統合保全団体(Integrated Conservation of Biodiversity and Forests)はパトロールチームを構成してサオラに脅威となる状況を防ぐと述べた。 これら社上がっ生息する地域が保護されるようにすることが不可欠だと、そうでない場合は、残りの僕にはすぐに消えるだろうと警告した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!