Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】インディアナ動物救助センター、大きなネコ科の動物救助活躍

/
/
/

インディアナ外来ネコ科の動物救助センターは、200匹の虎とライオンなど、大きなネコ科の動物を虐待から構造した。 救助された動物の多くが、歯科疾患をはじめとする病気のことが分かった。

じゃボビーという名前のライオンは牙4つの深刻な状態だった。 激しい歯周病にジャボビーは数年間歯痛にシダルリョトウルある。 センターでは、ジャボビー4つの歯のために手術を行った。

トラ、ライオンなどの大きなネコ科の動物を守ることは容易ではない。 歯痛の症状がある動物は本当にさせた後、手術室に移送する。 これ一年に二回、定期的に実施し、麻酔後、呼吸チューブを挿入して手術に入る。

ボランティアで手術に参加した担当のは「動物は、病気の治療後の生活の質が改善されるだろう」とし「世界のすべての動物は、通常の生活を送る機会を持つようにボランティアにさらに努めること」と述べた。

26年間の大きなネコ科の動物を救助した組タフトをはじめとするセンターのスタッフとボランティアは、この日にやりがいを感じると述べた。 ジョー・タフトは、「動物が痛みを伴わない買うことができる機会を提供したいが仕事がいい」と話した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!