Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】エキゾチックな動物飼うトレンド、動物と人の両方に危険

/
/
/

犬や猫ガトイン普遍的なペットを避ける人がいくつかあります。 普通の動物ではなく、野生動物やエキゾチックな動物を新しいパートナーとして選択すること。 異色の動物を育てることが流行のように広がり、人々はますます新しい動物に興味を持つようになった。 しかし、エキゾチックな動物がペットになることは、問題とリスクがあります。

野生動物の家で幸せか?

エキゾチックな動物を飼うことは決して容易ではない。 人と一緒に生活するために適応した普遍的なペットに比べてエキゾチックな動物は、野生でいた行動をそのまま表出するからだ。 代表的なペットの場合、人の同伴者として一緒に生活しながら、時には家族の一員のように、あるいは労働者のように扱った。 一方、猫はより自然な行動で人との共生関係を維持した。

犬や猫は、主に小さなスペースの中に閉じ込められたまま過ごす時もあったが、適切な保護と管理のための非常に多くの情報が積もった。 犬や猫を採用することができる機関も多様である。

過去20年の間に高速の人気が増えている動物に爬虫類と両生類、オウムのようなエキゾチックな鳥、チリのげっ歯類デグーのような哺乳動物、サルなどがある。

異色ペットとして知られているこれら犬や猫とは異なり、人と一緒に暮らすために適応が必要である。 飼育時の特殊訓練が必要だが、所有者が解決するのが難しいレベルもある。

犬や猫のほか、ウサギやげっ歯類などの動物たちは、子供たちに適したペットという評価を受けているが、このような動物を飼うために必要な情報が不足していることが問題。 主人の無知と動物の先天的な行動のために所有者の期待は切換えていき、動物は幸せとゴリゲ離れる。

エキゾチックな動物売買に関する法的問題

エキゾチックな動物や野生動物をオンラインや専門店、オークションや個人の専門家を介して購入することができる現実には問題になることができる。 エキゾチックな動物を育てるときの人と動物の幸せ権の問題が発生するが、これを法的に規制することができる規定は極めて珍しい。

これまでにもエキゾチックな動物を所有するかどうかをめぐり攻防が繰り広げられている。 動物の権利活動家たちは、この動物は、自然に置かなければならないと主張する一方、ペット愛好家は、適切な保護を提供することができると対立している。 エキゾチックな動物の所有権を主張し関連制裁に反対している。

種ごとに異なる特性を示す野生のオウム

コンゴウインコとコカトゥーインコは、大型オウムとに属する。 オウムは知能が非常に高く、最大80年まで生きることができる。 時には神経症のような特性を見せ、健康状態が良くない場合、異常な行動をする。 大型オウム種は精神的に痛みを伴う場合の羽を抜いて自害をしたりする。 そのため、オウムを適切に保護することが困難な場合がありオウムが好きな新しい家複数回作成なければならない。

アフリカ灰色インコは、複数の研究によって知能と認知能力、コミュニケーション能力を証明した。 献身的な所有者であれば、アフリカグレーオウムの認知と社交欲求を満たしてくれることができる。 一方、アマゾンインコは、適切なケージを提供していない場合は、精神的に苦痛を感じるが知られている。 このように、オウム種ごとに慣らしの方法がそれぞれ異なっている。

野生インコを飼育する場合に発生する別の問題は、不法取引だ。 取得と輸送が含まれるが、その過程が非倫理的に行われている。 野生でのオウムは、ほとんどの時間を飛行し、他の種と交感し、餌を採集しながら送る。 このオウムは家にいると、空を飛ぶことができ、他のオウムとのコミュニケーションをすることができないのだ。 10時間以上の狭いケージの中に入れておけば、野生のオウムは、反復的な動きを見せてケージをかむなどの異常行動をする。

比較的小さな種は餌と購入側でより経済的であることができ、所有者が社交的、空間的要求をより簡単に解決してくれることができる。 一方、コニュー語ロリキット種は、特別な果汁を食べるならない。 比較的低価格で取引される多くの人々が簡単に連れて来たりして問題となる。

人気は多いが、知識は不足、爬虫類と両生類

現在、全世界的に飼育されている爬虫類のペットの数を推し量りは難しい。 最小数千万匹と見積もり推測するだけだ。 米国だけで年間200万匹の爬虫類を輸入して、200〜400万匹の亀を輸出している。 欧州連合はまた、大規模な爬虫類取引市場で、2005〜2007年の間に670万匹の様々な種を輸入した。

多くの学者たちは、野生の爬虫類を捕獲して取引する風潮に懸念している。 専門家たちも爬虫類と両生類は、ペットとして適切でないと判断しており、この動物種の取引に倫理的な問題を提起している。 爬虫類と両生類は、特別な餌を必要とし行動的な習性も、一般的なペットとはかなり異なっている。

また、動物が必要とする温度と湿度などの基本的な知識が不足している状態だ。 基本的な知識がなくて爬虫類と両生類を育てる面の動物はもちろん、主人も危険にさらされているだろうとすることができる。

健康管理が必要なげっ歯類とウサギ

ウサギは、英国と米国で普及したペットにスペインのような地中海諸国でも多く育てている。 しかし、ウサギは、誰にでも適していません。 ウサギを育てる時にも適切なケージと予防接種、供給等に関する正確な情報を知っているべきである。

ウサギは、主に胃腸疾患や皮膚疾患、グデギ症を患う。 粘液腫様変性症とウサギ出血病もウサギが取ることができる致命的な病気で死ぬまで激しい痛みを患う。 したがって、毎年予防接種が必要である。

不適切な使いこなせばウサギは異常行動をして寿命が短くなる。 ウサギを育てるときかじる食べることができるスティックやボックスなどの安全なものを提供してくれるならない。

エキゾチックなペットの長所と短所

ニシキヘビとチンパンジーのようなエキゾチックな動物は、人や他の動物を脅かすこともできる。 爬虫類とげっ歯類のいくつかの種とオオヤマネコ、砂漠のキツネなども危険な動物である。 チンパンジーやニシキヘビ、ビクケト、ワニのような絶滅の危機に瀕している動物は、家庭で育てる適していない。

犬や猫のように、一般的なペットに比べて管理が多く必要としないエキゾチックなペットもある。 トカゲとカエル、クモ、さらに蛇も安価基本ケージと餌は、少なくとも健康管理を必要とする。 水族館にトンボや岩の数だけ入れてくれても十分である。 アパートで簡単に動物を育てたい人に適している。

エキゾチックな動物は、独立心が強いので、ペットに費やす時間が多くない現代人に適している。 例えば、トカゲやヘビは頭を触って与える必要がなく、牡丹インコとカエルは、複数匹を一緒に育ててもよい。

毛や羽がなく、低刺激性であり、感染症も極めて珍しい。 しかし、爬虫類は、A型肝炎とB型肝炎、サルモネラなどの病気を引き起こすことができる。

今日家庭で様々なエキゾチックな動物や野生動物を飼っており、そのことも増加傾向を見せている。 しかし、それに反して、所有者は正確な情報を得られず、動物が必要とすることを取りまとめてくれていない。 動物を飼うときは、必要な事項を習得し、それに伴う困難も耐えなければならない。 家庭で育てる適合していない動物は、自然の中で自由に生きることができようにしてう。

フィリピンのような国では、動物保護主義者が提起した争点により外来種や野生動物を育てることが法的に規制されている。 攻撃がないエキゾチックな動物を飼うことができるよう、合法的な制度を導入して飼い主の責任の下に育てることができる環境が造成される必要がある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!