Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】オーストラリアの小学校で毒蛇知る発見

/
/
/
▲ソース= Flickrの

ガーディアン紙がオーストラリアの小学校の運動場で猛毒ベムイン東部茶色のヘビ(Eastern brown snake)の卵12個発見されたと報道した。

パウや野生動物の救助団体はセントジョセフカトリック小学校砂場で正体不明の卵がある申告を受けて出動した。 調査の結果、孵化直前の卵が12個以上あった猛毒である茶色のヘビのアルインと結論した。

よく茶色のヘビでも知られている東茶色のヘビは、オーストラリア東部とニューギニア南部に生息する蛇として、世界で二番目に危険な毒を持つ陸地ヘビである。

しかし、SNS上で卵が本当に茶色のヘビの卵なのか疑う反応が起こった。 これパウや構造団体はFacebookを介して「詳細調査した結果孵化したように見える形があった小学校後、大きな茶色のヘビを見た人もいた」とし「東茶色のヘビの卵が正しい」と説明した。

救助チームのボランティアのイヴェットアトリ語は「卵が発見された砂は、新鮮でサラサラの状態で蛇が卵の温度を調節するのに最適の場所だった」と述べた。

また、このアルは茶色のヘビ二匹以上が生んだものと推測されている。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!