Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】ジュノムエアロ、煤煙全く排出しない電気飛行機発売予定

/
/
/

「シートベルトを着用して、テーブルが折り畳まれたことを確認した後、椅子をまっすぐに立てて、バッテリーの充電状態を確認してください ”

離陸前のチェックリストにバッテリーの項目が追加されるという期待は、おそらく電気旅客機の企業の夢が実現され、10年以内に現実になると思われる。

電気ハイブリッド航空スタートアップ会社ジュノムエアロは、航空機製造メーカージェットブルー航空、ボーイングなどと一緒に700マイルの飛行で10-50人の乗客を収容することができる電気飛行機のグループを建設する計画を発表した。

州超えた米国内の旅行に焦点を当てた、より効率的な航空旅客サービスを提供するために活用されていない空港を利用する計画だと明らかにした。 同社は、2020年代初めの商業飛行が実行を期待している。

週超えた電気飛行機の製造計画を発表した英国のライトエレクトリック(Wright Electric)と競合している。 ライトエレクトリックはは300マイル旅行で150人を収容できる大型航空機を生産する計画である。

ライトエレクトリックまた、10年以内に、航空機の飛行を目指している。

ボーイングは、バッテリで駆動されるグライダー型軽量航空機の継続的な実験を進行中であり、エアバスは完全にバッテリーで動作される2人乗り小型航空機イペン(E-Fan)をテストしている。

ジュノムとライトエレクトリックはすべて改善されたバッテリーを使用して飛行機に電力を供給している。 現在の燃料電池は、あまりにも弱く、重く、実用的な旅客機を作ることができない。

しかし、バッテリー技術の発達で、会社は、燃料電池が適切な時期に改善が完了して計画通りの電気飛行の夢を現実にすることができると期待している。

ジュノムエアロ側バッテリー技術の発展がのろい場合、第2の中に沿って第1世代の飛行機にハイブリッド技術を活用考えという計画も用意した状態だ。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!