Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】パーム油、犬の致命的破壊兵器?

/
/
/
▲写真出処:ピクサーベイ

世界で最も多く消費されている油」パーム油(Palm Oil)」。 栄養学的側面ではなく、生態系の破壊に、より多くの非難を受けているがヤシ油があなたの犬を脅かす毒たら?

パーム油は犬に毒されると証明された正確なデータは出てこなかった。 しかし、4年前、英国の海岸で発生した事件は、全世界的に急速に拡散され、犬の健康を脅かす物質で浮上した。

2013年10月、イングランド、コーンウォール(Conwall)のロングロック(Long Rock)ビーチ。 ルーシーガレット – フィル(Lucy Garrett-Peel)は、自分の犬であるミニシュナウザー「ザンジバル(Zanzi)」とゆったり近くを散歩していた。 ザンジバルは周りをうろつい集まっ物質を食べ始めたが、それ以来ザンジバルはもう住んでいなかった。

フィルによると、ザンジバルが食べたものと推定された物質は、白のワックスのようなものであった当時のビーチのあちこちに敷かれていた。 臭いもディーゼルのような化学物質の臭いがしたします。 正体不明の物質を飲み込んだザンジバルはすぐに苦しんし近くの動物病院に運ばれたが、即時の応急処置にもかかわらず、その日亡くなった。 フィルは、当時の実験分析の結果ザンジバルが飲み込んだのは、酸敗したパーム油に、悪い細菌が含まなっていたと述べた。

ザンジバルの死は急速に広がって問題になった。 ニュースでは、熱帯雨林の破壊し、生態系を撹乱させる非難を受けていたパーム油が、今の犬まで殺すことができる破壊兵器がされたかのように記事を書いて挙げた。 以後毒性パーム油を食べて死んだか、あるいは応急処置でかろうじて存続犬の事例があふれ出て犬の保護者を恐怖に追い込ん入れることもした。

ついにコーン議会と他の都市の地方団体は、海岸周辺清掃作業に突入した砂の上に「パーム油の注意」という標識まで立てた。 同年ハムステッドビーチから約0.25トンのパーム滴発見された場合は、削除のためにカートが動員された。

再び2013年のロングロックビーチに戻ってみよう。 ロングロックはドーバー海峡が位置場所で、数千マイル離れた東南アジア、ラテンアメリカおよびアフリカの農場で育った作物が、なぜ英国のそこで発見したのかに注目する必要がある。 おそらく当時、化学製品運搬船がパーム油を英国に移送した後、後の処理のために貨物のシトギョジョた残骸だった可能性が高い。

船舶は、一般的に次のソンジョクムルを積載する前に、化学製品を利用してタンクを洗浄するが、これはもちろん、合法的な手続きである。 ただ海岸から12マイル(約19km)以上だけ離れていれば良い。

ザンジバルが食べたのは、おそらくこのように、イギリスのパーム油を持ってきたした船舶でシトギョジョたパーム油の残留物であったと思われる。 しかし、欧州の船舶通航信号所によると、12マイル以内での化学製品を使用して、洗い流された船舶は発見されなかった。 当時ザンジバルが食べた塊が違法な排出によるのかも明確でなかった。

▲写真出処:ピクサーベイ

パーム油は、アフリカヤシの木の果肉から得たもので、地球上で最も多く使用されて植物油である。 現代人がマーケットで、多くの場合買うことができる化粧品やスナックも多く使われている。 バイオ燃料としても使用され、ペットの飼料にももちろん入る。 パーム油は、今日、私たちに欠かせない必需品であること。

まだザンジバルの死がパーム油の関連性は、正式に究明されていない。 当時ザンジバルの死を最初に知らせたコーンの地域媒体「小西マン」(Cornishman)」は、致命的なパーム油がイギリスの公衆衛生局(Public Health England)によって確認されたと発表した。 しかし、その後、動物専門メディアE-svタイムズのディオンワトキンス記者が追跡した結果、公衆衛生局は、ザンジバルの事件が、自分たちではなく、海事沿岸警備庁担当と明らかにし、沿岸警備庁もザンジバルが三付けた物質を分析したことがない解明した。

結局、ザンジバルの死はパーム油に起因するという報告とは異なり、パーム油自体がザンジバルの死の原因として作用したという根拠は証明されていないわけだ。

しかし、ザンジバルの死を引き起こした正確なメカニズムは解明されていなかったが、可能性は提起することができという主張も出ている。 英国獣医毒物情報局(British Veterinary Poisons Information Service)は、パーム油は、船舶の貨物タンクから洗い流された後、温度と基層の傾きが発生して以来、組んで汚染された海からビーチまで移動しながら有毒になることができると指摘した。 また、暑い天候の場合犬に有害な細菌が育つのに最適な生息地になることもある。 さらに、海岸に転がっているの破片と砂の中で固まった粘着性の液体のような塊をつ飲み込む場合、当然、窒息して死ぬ可能性が高い。 結論として、化学製品と混合されて海岸細菌と混合であり、船着場から出るディーゼルなどの汚染のために犬は完全に有害な結果が誕生するしかない構造となる。

実際に情報局でパーム油を食べて生存した30匹の犬を対象に、症状を調査した結果、一匹は3日間弱い咳をし、他の一匹は吸引性肺炎を経験し、7日目に回復したことが分かった。 最も一般的な副作用である嘔吐を経験したのは、11匹ほどで、他の犬は下痢をした。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!