Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】フロリダ州のカメの巣個体数大きく増え

/
/
/
写真出処:Canon PowerShot D10 / Max Pixel

亀は巣を売る時期と場所については、厳しい動物である。 これらの明るい光と突然動く物体にびっくりする。 その後、カメは巣を作るために陸地に出てきたが再び海に戻る。 亀のような異常な行動を “偽のナビゲーション(false crawl)」とする。

しかし、過去30年の保全努力により、カメの巣が毎年増加しており、偽のナビゲーション回数が過去1年間に比べて、今年は32%減少した。 米国フロリダ州にあるモート海洋研究所(Mote Marine Laboratory)の従業員は、このような肯定的変化に驚いている。 「亀が成熟するまでに25〜30年かかる。 だから35年前に始まった保全の努力が今の効果を発揮しているということは、カメがきちんと成長しているという意味である」とモット海洋研究所の生物学者メリッサバーナードは言った。

保全の努力が肯定的な結実を結んだわけだ。 去る7月8日までに調査した結果、フロリダ州ロングボートキーには、999個の亀の巣があった。 昨年は572本だった。 リドビーチには、昨年64個だった亀の巣が112個増えシエスタキーには、昨年に195個あった亀の巣が、今年488個に増えた。

アオウミガメの巣も昨年に比べ大幅に増えた。 ロングボートキーには11個、シエスタキーには、2つのアオウミガメの巣がある。 昨年は単一の巣もなかった。

亀の巣が増え続ける傾向を維持するためにモットの研究者は、人々に亀の巣を発見しても、近づいて行かずに、ビーチで夜に懐中電灯を使用していないなど、注意しなければならないと訴えた。 家庭から出る光もカメを混乱させる作成のためのカーテンを設置すればよい。 また、ビーチで穴を防ぐことは子亀孵化する道をなくすことだから気をつけなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!