Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】ペットに猿を?…オマキザル属の特徴

/
/
/

欧州では、かつてペットとして多く飼育され、サーカスでも多く登場するオマキザル属。 犬や猫のように非常に完全なペットはなくても科の中では、断トツに属する。 ペットとして最も適したオマキザル属の特徴を明らかにする。

◆サル、ペットに?

一度猿をペットとして育てることは、他の一般的な家の中で育てる動物とは異なっていることを知っておこう。 寿命ははるかに長い約40年ほどであり、絶えず保護者の関心と愛情を要求することができる。

また、完全に飼いならされることができないことも知っておくならない。 さらに、いくつかの猿は、かむ習性もある。 もちろんソフト性向を持つ友人もいるが、一般的に、ほとんどのサルは、積極的な天性を持っている。 思いやりあってマナーのあるサルでも十代に近い人々にも攻撃を加えることができる。 また、赤ちゃんが生まれるなどの新しい家族が生じることも容認していない方だ。 さらに、初めて会った保護者と絆が形成されると、以降、他の家に養子縁組を送るには非常に難しい。

現実的な困難も考慮する必要があります。 サルを育てる場所や家の安全性と法的許可、保険などが必要かどうかを事前に把握する必要があり、一度育てたい場合、コストが少なくないことも事前に認知するのが良い。 一部のサルは、食事供給も難しいから。 日常的なケアや管理にも時間がかかる。 しかし、何よりも社会化との相互作用が最も多く行われるという事実が重要である。 これ保護者が留守の場合猿は音や悲鳴をあげ止まるなどの深刻な問題行動を起こすことができる。

サルがきれい動物ではない点も、追加の考慮要素だ。 汚く語あげ生活することができ一生おむつを満たさなければならない事態が発生することもできる。 オマキザル属も同様である。 例えばトイレトレーニングはおろか物を投げたり、顔にペイントを埋め込まれ、尿を何デソナ見るなど総体的難局になることがあります。 特に退屈ば皮肉で破壊的に行動することができる。 また、野生で活動しただけ屋外でも十分に活動できるように配慮しなければならが、これに保護者が居住する地域が猿を基できるように許可するか事前に把握できるようにする。

病気も無視できない。 さらに、人間に伝染させることができる病気を有することができる。 これ猿をよく知って世話をすることができる病院や獣医師が近くにいるかどうか事前に確認することをお勧めする。

このように、すべての困難を認識てからも猿を育てることにしましたら、チンパンジーやオランウータンよりサイズが小さいオマキザル属を紹介する。

◆オマキザル属

英語では、カプチン猿(Capuchin Monkey)で、カプチンという名前は、僧侶や僧侶が着る衣服と猿の毛の色が似ていて付けられた。 原産地は中南米アメリカの熱帯雨林地域で、運が良ければ、最大30匹のオマキザル属が木から他の木に食べ物を探して歩く姿を目撃することができる。 ほとんどの時間を餌を探したり、尿に領域の表示をしたり、あるいは木からぶら下がったまま過ごす。

もしこの猿を家庭で育てるとしたら、一度一生をおむつを満たしたまま育てなければ、外外出するときは必ず首輪を満たさなければなら保護者と他の人を保護することができるということを心に留めた方が良い。 重さは約1.8kgほどで、まるで赤ちゃんを扱うように服を着せ、哺乳瓶を物理ながら愛情に世話する。

飼料の場合、野生では、虫や果物、小さな鳥、ナッツや花を食べるが、これ家の中で求めることは難しい。 これ不適切な栄養的にややもすると、糖尿病にかかることがあります。 供給ベビーフードやサル専用飼料に置き換えることができますが、ブドウ糖やコレステロール値が高くならないように、特別に管理しなければならない。

最後に、積極的な天性のためにノックすることができているということ。 もちろん牙を削除することを推奨している訓練士もあるが、これは議論の余地があり、獣医師と相談して、適切な措置をとることが望ましい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!