Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】ペット家庭でも育てることができる安全な屋内植物

/
/
/

ペットを子のように考えている繭紬が多い。 しかし、これらは成長し、自分の意志を持って意思表現をすることになる子供とは違って、絶え間ない保護が必要である。

また、多くの人がペットを保護するように家を世話家快適で、自分の個性に合わせて飾ることを好む。 一方、家に飾ることができる最も一般的な要素の一つは、室内植物である。

室内植物は、トレンディな装飾品の一つで、生活に活気を吹き入れる。 家庭の緑の植物をかければ、ストレスを減らし、空気を浄化し、美的な効果も出すことができる。 このすべての特徴が幸せと生活の質を高めるのに寄与する。

小さく無害ない見えるが室内植物や花は、実際にペットに害を及ぼすことができる。 一方、ペットに安全な植物も存在する。 家庭でペットと共存することができる植物は何だろうか?

犬カナ猫は二つの理由から、庭の芝生をかみ砕く。

まず、子犬は生まれる雑食動物である。 つまり、犬肉や野菜の両方に供給食べることができ、栄養素として必要としている。 また、犬は生まれ的に清掃動物であるため、本能的に周辺のすべてのものを負けて通って食べることもある。 野生で生息するイヌ科動物も栄養バランスを合わせるために果物やベリー類、様々な野菜などを食べる。

第二に、犬は胃が乗るが出たとき、本能的に草を食べる。 犬はプールを食べた後、吐き気を見られる。 つまり、プールを食べて消化器系の問題を解決するものである。

▲多肉植物(出典=ピクサーベイ)

1.柄ジョプラン(Spider Plants)

この植物は、全世界の家庭でよく見られる植物である。 管理が簡単な柄ジョプランは、最小限の日光を必要とし、壁掛け用またはテーブルの上の装飾で見ることができる。 この植物は、家庭に生気を吹き込むだけでなく、猫はこの植物を冶金冶金食べることもある。 猫が柄ジョプランを食べている姿を見ても心配する必要はない。 この植物は、ペットに無害だからだ。 それでも心配なら、猫の足の届かないところに掛けておけばされる。

2.ヤシの木(Palms)

室内ヤシの木は、管理が容易に室内観賞植物に好まれる品種である。 室内ヤシの木をがにポニーテールヤシやパーラーやし、アレカ椰子を選択するのが良い。 この品種は、ペットに毒性がないからである。 一方、事故ヤシやソテツの木は、毒性が強いため、避けたほうが良い。

3.アフリカのスミレ(African Violets)

アフリカのスミレは、カラフルな色で装飾用として美しい植物である。 この花は目を楽しませるだけでなく、ペットに毒性がないので、所有者とペットの両方に有益な植物である。 繊細な管理を要するが、家庭用の植物に優れている。

光がよく入ってくる窓の横に配置すると、成長に役立つ。 この植物は、花や葉は乾燥した状態を維持する必要があるが、根は濡れなければならない。 したがって、この植物を育てるなら、絶対花と葉に水がかからないようにしなければならない。 この植物を小さな鉢で育てると、猫が倒せることができる。 したがって猫が届かないところに置くべきである。

▲アフリカのスミレ(出典= Flickrの)

4.竹(Bamboo)

竹は、どの家庭でも歓迎される植物である。 この植物は、家庭の中で独特の雰囲気を吐き出す。 竹は土が盛られた花粉や水が入った装飾花瓶、さらに漁港の中でもよく育つ。 竹は、家庭にやさしい美しい植物である。

5.ボストンシダ(Boston Fern)

この植物は、美しいの管理が難しいという欠点がある。 本来森林植物であるボストンシダは、継続的な管理を必要とし、湿気の多い土と湿度が高い部屋で育てることが最良の条件である。 そして、この植物は、ペットにどのためにも加えない。

6.アナナス(Bromeliads)

独特のが好きな性格であれば、この植物を好む。 明るい色を帯びた美しいブロメリアな飼いが比較的簡単な植物である。

7.クリスマスサボテン(Christmas Cactus)

この小さな美しい植物は、冬に花を咲かせ色赤、オレンジ、ピンク、白などに多様である。 よく育つ方で小さな鉢でも容易に適応することができる。 この植物は、ペットに非毒性で知られているが、飲み込んだ場合軽微な嘔吐や下痢を起こすことができる。

また、とげがあるので、ペットの偶発的で傷を受けることもできる。 したがって、この植物を育てるにすれば、ペットの届かないところに置くべきである。

8.多肉植物(Succulents)

この小さな植物は、管理をほとんど必要としないため、ほぼすべての家庭で簡単に育てることができる。 しウォッシュ阿波ペ捕虜ミア、ボロオステールのような品種は、ペットに毒性がないが、カランコエとアロエベラは毒性である。 したがって、ペットがいる家庭に多肉植物をかけて置くときは、少しの調査をするのが良い。

9.スウェディッシュアイビー(Swedish Ivy)

連続葉と紫の小さな花が特徴的なこの植物は、非毒性であり、管理が容易である。 間接的な日光とローマ質土を好む。 しかし、他の種類のアイビグァ植物はペットに毒性があるため、区分をよくして家になければならない。

一方、上記した植物のほか、ペット、特に猫はケトニプような特定の植物を好む。 ケトニプは「猫のマリファナ」としても知られている。 猫が苦しむ感じに見えるならば、ケトニプに静めることができる。

そして猫はバラとサルスベリ、ヒマワリ、キンギョソウ、バジル、ラベンダー、キャットミント、オレガノ、パセリ、ローズマリーなどのいくつかの種類の花とハーブを食べる。

ペットが本能的に草や植物を食べることができたとしても、餌を厳密に区別さ建てどれか食べられなくしなければならない。 ペットが植物を食べることを見れば、症状を探り、緊急する場合、動物病院にすぐに連れて行かなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!