Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】マイクロチップのおかげで、3年ぶりに主人品に戻っ個

/
/
/
写真出処:422737/2074 / Pixabay

最近、米国でマイクロチップにはずっと前に行方不明になった犬を見つけ、実際には知られて注目を集めている。

2014年6月には、犬を失ったアメリカ人Aさんは10日、ハミルトン郡の動物保護協会(Humane Society of Hamilton County)の犬を探した。

その犬のは、過去2015年には、米国東部に位置し、自動車店で発見された店の従業員が野良犬と推定して救いの手を渡したことが分かった。

以来、昨年6月9日、この犬の健康が好きではないなるとインディアナポリスの動物の救助団体(FIDO)で構造して行ったことが分かった。

その犬のは構造の後、体の中に入っていたマイクロチップで家族を見つけることができた。

一方、ハミルトン郡動物保護協会は、すべての繭紬に定期的にペットのマイクロチップと連携した連絡先情報を更新するように助言した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!