Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】ヤンググムリュ、遺伝を通じて歌学ん

/
/
/
写真出処:Scott Wieman / wikimedia

6月12日に自然生態と進化の発表された研究資料によると、部分的には、鳥たちが歌を遺伝的伝達を介して学ぶことになる。

いくつかの種の鳥が他の種によって育てても同族が出す音より強く反応するという。

これらの研究の結果を見つけるために、研究者はバルチック海で同じ性生息するアルラクジョウビタキとカラージョウビタキが二種類の鳥を観察した。

卵から膜孵化した子は、二種の両方孵化して10日にされていなかったとき、同族の音に反応した。

研究者は、孵化する前の知るに紙の他のジョウビタキの声を聞かせてくれれば、子が元の同族が出す音と他の音を学ぶことか見てみることにした。

しかし、研究者は、子がくちばしを開いて同族の音に、より強く反応するということを発見した。

共同研究者であるデビッドウィットクロフトは「鳥が歌う歌における違いは、鳥が適切な交尾相手を選択して、複雑な社会的相互作用をする上で、重要な役割を果たしている」と述べた。

彼は「鳥が出す音の違いを作るおり、遺伝的な要素は、子が複数の音が共存する環境の中であっても、同族の音に沿って学ぶことができようになる現象を説明してくれる」と述べた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!