Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】ヨルダン駐在英国大使館、「外交官の猫」公式任命

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

ニュージーランドで「ファーストキャット」に短い人気を得た猫「パドルス」が、残念ながら事故で死亡して以降、別の猫が政界に進出した。

ヨルダン駐在英国大使館の「狩猟補佐官」に任命された最初の外交官猫である」アブドゥルローレンス」がまさにその主人公だ。

猫を外交官に任命されたロンドンの行動は、実際に世界の注目を集めた。 動物シェルターから連れてきたオス白黒汚れ猫であるアブドゥルローレンスは、第1次世界大戦当時活躍したアラブ系イギリス人将校の「TEローレンス」の名前から取ったものである。

この外交官猫はすでに約5万9,000人のツイッターフォロワーがあり、それに対する直接的な話はTwitterのアカウント「@DiploMog」を検索して「パーマストンの外務省」に行けば見ることができる。

ローラダーバン外務省大使は「アブドゥルローレンスは、自分のTwitterフォロワーに到達だけでなく、自分の職務を遂行している」と伝えた。

続いて「英国人は、ヨルダン駐在英国大使館を他の視点で見ている。 私たちは、ヨルダンの他の面を見せようと努力している。 ヨルダンはイギリスの観光客が訪れる平和ながらもますます繁栄する国」と付け加えた。

一方、アブドゥルローレンスは、別のTwitterのアカウントである「@LawrenceDipCat」もありますが、ここには約7,000人のフォロワーがいる。 このアカウントには、ローレンスの日常生活が掲載されたりする。 ローラダーバン大使はまた、「ローレンスが「オンライントロール(匿名利用者)」のキャラクターを持っているが、「(キャラクターが)肥満である恥」のため、若干怒っ状態」と冗談を投げた。 ローレンスが運動をする予定という文を掲載するのもまさにこのような理由だ。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!