Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】レントとウサギの肉に関連する真実

/
/
/

2018年2月14日はバレンタインデーであると同時に、四旬節の初日の灰の水曜日だった。 全世界の数百万人のカトリック信者が、この日の額に灰マーカーを残して、肉を食べない。

灰の水曜日と四旬節のすべての金曜日には、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉、ウサギ肉のような動物の肉を消費してはならない。 ところが、過去には、ウサギの肉がこのリストに含まれていなかった時期があった。

ウサギが魚か?

西暦600年ごろ、教皇グレゴリウス1世ウサギの肉を禁止リストに含まれていないという勅令を発表した。 彼はウサギの肉は肉ではなく、魚であり、これにより、四旬節の金曜日にウサギの肉を食べてもなると伝えた。

勅令が広がるフランスの修道士たちは、新しい食材を集めるために先を争って飛び込んだ。 これらのウサギを繁殖させ、家畜にした。

このような事実は、1930年代に、ドイツの動物学者によって明らかになった。 これら6世紀の原稿を見つけたと主張した。 これが事実ではない明らかにされるまで、科学者たちは、彼らの主張を貫徹した。 つまり、アメリカのドナルド・トランプ大統領がニュース媒体であるCNNを偽ニュースと呼ぶずっと以前から、偽のニュースが存在したのだ。

ところが、1世紀初頭にローマ人が野生のウサギを育て食ったという証拠が残っている。 これは歴史であり、司教のトゥールのグレゴリウスが述べた逸話に伝えられる。 それによると、にコレットアヌスという人が四旬節にウサギをつかむ食べた。 しかし、でコレアヌスはすぐに病気にかかって死に、人々はこれが神の呪いを受けたものと考えた。 でコレアヌスが四旬節に若いウサギを食べた後、死んだからである。

オックスフォード大学の進化生物学者グレゴリー・ラーソンがトゥールのグレゴリウスが作成した内容を引用した。

新しい分析

しかし、生態系と進化の動向に関するジャーナルに発表された新たな分析によると、ウサギは、12世紀頃フランスの首都士によって人に飼いならされたものと思われる。

ラーソンは、現代の家畜や野生動物の遺伝子を地図化するために開発したDNAのモデリング方法を試験しようとした。 まず教皇グレゴリウス1世の勅令が出発点だった。 彼は大学院生に勅令が実際に存在したのかを見つける異なりお願いしたし、これは存在しなかったことが判明した。

この大学院生が見つけたのは、トゥールのグレゴリウスが残した物語だった。 1900年代半ばレントにいくつかの学者がその内容を誤解してウサギの肉の消費を可能にしたのだ。

研究者の次の研究段階では、遺伝子分析であった。 これら現代ペットのウサギのほとんどが南フランスとスペインの北東部を何百万年の間に徘徊したヨーロッパのウサギから由来したと述べた。

フランス住んでいたウサギは、約1万8000年前の最後の氷河期の間にスペインに移動した可能性が高い。 氷が消えた後のウサギは、再びフランスに戻った。 つまり、DNAの研究結果によると、現代のウサギは、すべてのフランスに由来した。

ゲノム研究

ラーソンと研究者は、野生のウサギと飼いならされた、フランスのウサギのゲノムを研究した。 分析の結果によると、法王庁が法令を下す前1万2,200〜1万7,000年前に分裂があった。 研究者は、具体的な物理的手がかりは、例えば、外部の耳などの手がかりと攻撃的な性格や少ない積極的な性格などの特性を見つけた。

ウサギの模索変化が記録されたのは、1500年代に入ってた。 また、1700年代になるとウサギの飼育が開始され、ウサギの骨格とサイズの変更などが記録された。

研究者は、特定の生体分子の突然変異の割合を分子時計として使用したとき、ウサギが家畜になった日や時期を特定することができないという事実を発見した。

ただし石器時代からローマ時代の間に行われた事件ということだけを知ることができた。 ラーソンは歴史的な証拠として見ローマ人がウサギの最初記録人々と伝えた。

また、イベリア半島、フランス南西部で旧石器時代のウサギが狩りをされたという考古学的な証拠が発見された。 ウサギは、中世の時代にヨーロッパ全域に輸送された食糧だった。 ラーソンはウサギの骨で野生のウサギと飼いならされたウサギの具体的な違いが顕著に現れたのは、それから2000年後のと伝えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!