Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】世界で最も小さなクマ「ハニーベアー」、保存しようと至急て

/
/
/

野生動物の中でも、人間に最も身近なイメージで愛されるクマ。 よくよく知っているパンダやホッキョクグマ以外にもクマはいくつかの種類の品種が地球に生息している。 その中でも、よく知られていないが、世界で最も小さなクマ「ハニーベアー」を紹介する。

ハニーベアー

ハニーベアーは食肉目クマ科の哺乳類で、しばしばマレーグマや太陽クマ(学名; Helarctos malayanus)とも呼ばれる。 太陽クマという名前は胸に刻まれた白く黄色を帯び柄がまるで太陽が昇るように見える付けられた。 この太陽柄は、人間で言えば、指紋とも見えるが、すべてのクマに柄がある違うから。

地球上で最も小さなクマらしく小柄もアダムである。 平均身長は1.1〜1.4m程度で、体重も23〜65kgしか出ない。 毛の色は、通常、黒、ダークブラウンや灰色で構成されている。 しかし、顔の部位は色がより浅く鼻と口は短い方だ。 一方、爪は長く曲がっていて木を簡単に登ることができるように特化されている。

特に顎は非常に堅く、強く木を引き裂く樹皮の下の昆虫をキャッチ食べる使用され、さらに硬いココナッツの殻も歯とあごに撮ることができるほどだ。 嗅覚また、人間よりもなんと約1000倍もよく発達した程に非常に敏感である。

最大の特徴といえば、他のクマさんに比べて非常に長い舌を持っているという点。 最大25cmの長さを誇るこの舌は木や岩などに生じた隙間や他の巣の幼虫と蜜を吸う食べる活用される。 雑食性であるため、果物や昆虫を主に食べて加えて、小さな鳥やトカゲ、ネズミ、ヤシの木を摂取する。

生息地は東南アジアで、ジャングルや木が多くの地域で生活する。 ボルネオ島やスマトラ島、マレーシア、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオスでは、主書式がいくつかは、インドの東部や中国南部でも発見される。

▲ソース= Flickrの

絶滅の危機と保全の取り組み

しかし、ハニーベアーは見るのが難しい品種で、野生でもよく発見されない。 これ現在まで知られている情報は、極めて少ない。

さらに、人間の狩猟と生息地の損失で個体数も減少する傾向にある。 特にココナッツやパーム油、その他の商業作物を栽培するところに生息しており、人間に発見されると、殺されたり、密売されているなど、苦痛を受けている。

国際自然保護連合(IUCN)によると、太陽のクマは、過去30年間の個体数が30%も減少し、絶滅の危機に瀕している。 これ保全への取り組みも急務となった。

代表的な野生動物学者シウてウォン(Siew Te Wong)は、マレーシアでボルネオハニーベアー保存センターを設立し、保全の取り組みに死活をかけている。 野生で救助した44匹の熊を収容しているほとんどの密猟者によって家族と離れて孤立がされたり、環境に適応していないクマがほとんどである。 20年間の太陽のクマを研究したウォンは、2008年以降の仲間たちと55匹の熊を構造して治療してきた。 構造にとどまらず、大衆に太陽クマを知らせ、教育させることも行われている。

ミャンマーで不法に太陽クマを密売するこれら会っ太陽クマの絶滅の危機を直接肌で感じた彼らが作った製品もある。 すぐに締めリッパーとルークスロービン作った太陽クマサンスクリーン(Sun Bear Sunscreen)である。 この製品の販売からの収益の80%は、ウォンのハニーベア保存センターに入る。 リッパーによると、線ベア日焼け止めの最優先目標はハニーベアーを保護し、支援すること。 これらの違法狩猟と密猟、環境破壊のエコツーリズムと保全の価値を人々が知ることができれば、環境ははるかに良くと説明した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!