Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】利他的な軍犬の生活は、退役軍人が伝える彼らだけの思い出

/
/
/

犬は人間の一生のパートナーであり助けを与える存在だ。 特に多くの分野で、人間のために命をかける。 たとえそこが戦争でも。 ハリウッドスターであり、犬を育てるチャニング・テイタム(Channing Tatum)が彼らの話を伝えた。

「軍犬:兵士の最高の友人(War Dog:A Soldier’s Best Friend)」

テイタムは最近退役軍人の日を迎え軍犬ドキュメンタリーを企画した。 このフィルムは、テイタムと制作チームが3人の退役軍人が自分の軍犬と共有していた話と記憶を広げて出す。

信じられないほどの犬を愛する人と自分を描いたテイタムは、観客がドキュメンタリーで紹介された軍犬と軍人の間の優れた友情に深く感謝を感じてもらいたいと語った。 彼のドキュメンタリーを撮った理由でもある。

テイタムはまた、人々は兵士を戦場で敵を殺す機械ぐらいで、ここ傾向があるが、彼らは経験した数年間の経験は、自分自身と制作チームに軍人の精神の心に少しより深く入るようにしたと説明した。 この映画は、ガンインヘ見える軍人であっても難しい戦争で軍犬が自分自身を保護するときに見える弱い姿すら逃さず、観客が共感できるようにしてくれる。

映画の演出を引き受けたデボラスクラントン(Deborah Scranton)は軍犬として活動していた麗華(Layka)とミカ(Mika)とペッパー(Pepper)を主人公に物語を描いた。 映画ではまた、軍犬がどのように訓練されて配置される地図公開した。 これら時には武装解除され凄惨な環境で軍人に感情的なサポート犬がされた。 戦争の戦闘シーンに加えて公開されている当時の退役軍人たちのインタビューは、これらの絆と別れ、トラウマと死をどのように耐えかを示す。

スクラントンは映画が伝えようとする共感と尊敬、そして愛が視聴者に伝わるように願うと述べた。 テイタムも人間と動物の絆は人間の絆と同じくらい深く大事だと強調した。

▲ソース= Flickrの

思い出

今回のフィルムに公開されたストーリーの一つは、前のデルタフォースオペレーターとして働いていたデイブニールセン(Dave Nielsen)とペッパーの話だ。 ニールセンはペッパーへの手紙を通じてペッパーが最高の戦士だった絶賛した。 ニールセンは、ペッパーとの思い出を保持した箱も公開した。 このボックスでは、ペッパーのスナップ写真と一緒にペッパーの飼料を置いたナプキン、当時敵追い求める行方不明になった場所の地図など、普段ペッパーと一緒にいたソソして貴重な持ち物でいっぱいになった。

ニールセンはペッパーを失ってしまったという事実が、現在も、自分自身をずっと付いて通っていると、当時チグリス川の近くに隠れていた敵を互いに調査していた最後の瞬間を続け回想したと述べた。 彼は仲間と一緒にヘリコプターを動員するなど、狂ったようにペッパーを発見したが救助作業は中断ドェトダミョンソが、ペッパーとの友情と愛を決して放棄考えがなかったと述べた。 彼はペッパーから利他的残る求める人生の教訓を得たと付け加えた。

別の軍犬ヌーク(Nuke)と一緒にしたドノバンハンター(Donovan Hunter)の話もある。 ハンターは原子力が、自分が引退した後も、健康を維持することができるよう助けてくれたすばらしい友人だったと述べた。 彼は、自分が原子力のスピードに追いつくことができるように身体を鍛えなければならしたと、彼は一等功臣だったと回想した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!