Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】動物園の肯定的な効果と暗い場合

/
/
/

誰少なくとも1回子供の頃に動物園に遊びに行ったことがあるだろう。 ペットとして一般的な犬や猫を除いて、テレビや本でしか見ていた動物を実際に見る経験は本当に驚異的である。 いくら離れていないところでゾウ、ライオン、トラ、ヘビ、クマを見ることができるなんて! しかし、すべての人が動物園を肯定的に評価するものではない。 動物園は、本当に悪いところなのか? 動物園は、私たちの生活に必ず必要なのか?

動物園の暗い場合

動物園に住む動物たちの福祉に関する議論が続いている。 動物の権利活動家や動物保護活動家たちは、動物を「展示」しておいて見物することに対する対策を用意しようとしている。 たとえば虎や熊のような図体の大きい猛獣は、自然の状態と同様の生息地ではなく、コンクリートと金属の棒で作られた刑務所の生涯閉じ込め過ごす。

英国の動物保護団体であるCAPS(Captive Animals」Protection Society、捕われた動物保護協会)では、ドキュメンタリー映画を作って動物園にいる動物の状態を照明した。 病気の動物が何の処置も受けられないまま横になっていたり、最終的には死亡した事件を偽装潜入した調査官が映像で記録した。 いくつかのワラビー一匹は、私たちの中に閉じ込め死んだ状態で2週間の間、残されていた。 動物園は、ワラビーの死亡原因を規定するための解剖を継続して拒否した。

▲出処=ウィキメディアコモンズ

サファリパークの動物たちは、狭いスペースにも多くの数の動物が一緒に生活しており、個々の食事や睡眠のための別途の空間がなかった。 環境も台無しだった。 いくつかのライオンの体には、古い、または新しい傷が複数あった。 いくつかの動物は訓練を受けて人々のためのトリックを張った。 イギリスの一部の動物園の象は足と頭を持ち上げるトレーニングを受けたが、このときのトレーナーは、電気鞭を使用した。

動物園は、動物を閉じ込めなければするところである。 CAPSによると、野生動物に必要な十分なスペースを提供することができない。 虎とライオンは、元の住んでいたところよりも約1万8,000倍狭い空間で生き、ホッキョクグマは約1万倍より狭い空間に住んでいる。 その結果、動物園にいる動物は、ほとんどのストレスに苦しみ、行動の問題を示す。

規模が大きい動物園は、前述したサファリパークのように、動物が自由に交流できる空間をサポートする。 彼らは動物に問題が生じたとき、いつも適切な措置を取っていると主張するが、動物の権利活動家たちは、動物が怪我をしたときの治療してくれ、動物に適切な餌を与えることが問題ではないと言う。 当初から人の娯楽と教育のために動物を小さなスペースに剣禁じ権利があるのか​​が根本的な問題だ。

動物園の肯定的な効果

それにもかかわらず、多くの動物園が存在する理由は、まず国民を教育し、すべての動物に感謝する心を持つようにして、絶滅の危機に瀕している動物は、保護するためだ。 動物園は野生動物を無慈悲に捕獲して動物園に連れて来ることはない。 ある時は危機に瀕している動物種をより安全な場所で暮らすために、動物を捕獲する。 絶滅の危機に瀕している動物が密猟者、生息地の損失、飢餓と肉食動物の脅威など抜け出しように助ける。 また、ほとんどの動物園で人工ポユクなど育種プログラムを用意した。 野生では交尾と繁殖が難しい動物の繁殖を助ける。

いくつかの動物園は、動物の自然の生息地とほぼ似た場所を提供し、動物を適切に管理する。 個人の所有者がエキゾチックな動物を養うが、もはや世話場合動物園が連れて来て育てる。 実際の動物が生息している場所に行かない人が野生動物を間近で見ることができる機会も提供する。

▲ソース=ピクサーベイ

一方、動物園で動物を育てることは、単純に人の喜びのためにではない。 動物園では、動物の習性を察し野生の生態系を改善する方法を研究する。 リスクと変数が少ない環境で研究した後、その結果を、野生個体群に適用するものである。 また、動物の繁殖時期と期間などを調べることも野生動物の個体数を維持するために有用である。

危険にさらされ、動物を捕まえて移動させながら、動物園は、動物の取り扱いと輸送の経験の知識得補強する。 このような保全の努力が人間と動物の葛藤を実質的に変化させることができる。 また、動物の生息地の破壊やその他の問題、増加する脅威をなくすための知識ベースを積むことができる。

動物園の長所と短所はいつも共存する。 しかし、常に改善の余地はある。 最終的には人間と動物の両方のメリットを受ける方向に進まなければならない。 動物園が無意味な楽しさとユフイマンのための場所であってはならない。 動物のための教育を受けて、動物に感謝する心を育む場なければならない。 動物たちが動物園を第2の故郷に思えるように世話をして学はならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!