Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】土の中に隠された秘密、オウムのトシク症

/
/
/

ペルータンボパター(Tambopata)川の近くの泥崖に集まる何百人ものオウムたち。 これらはここで集まる理由はただ一つ、すぐに土を食べるためだ。 この土は一体何てあるから?

土を食べる鳥

土を摂取するトシク症(Geophagy)は、実際に動物や鳥からは一般的なことである。 しかし、人間が原因を究明することは容易ではない。 これアマゾン流域中部の野生オウムがこのような行動をするわけに調べるための2つの代替仮説が長年提起されてきた。 最初の1つは、いくつかの土壌は、植物の毒素を中和させたり吸収する機能を有しているが、そのためにオウムが植物と一緒に土を食べるという理論である。 つまり餌である植物の毒素を土壌が中和させてくれること。 他の一つは、繁殖に伴う栄養的な要求が増加し、これはトシク症の必要性を生じさせたと主張している。

最初の仮説である毒性の食品の中和作用は、しかし、裏付ける証拠が今のところあまりない。 ただし第二の仮説の場合オウムが摂取することができる季節に応じた栄養分が枯渇しているということと関連が深い。 オウムが土を食べる地域は海とは遠く離れた場所で、これらを食べることができる地元の植物には、非常に少ない量のナトリウムが含まれている。 米サンタフェ研究所(Santa Fe Institute)のエリザベス・ホブソン(Elizabeth Hobson)博士によると、熱帯雨林地域内でナトリウムは非常にまれですが、鳥が集まる泥崖には十分な量のナトリウムが入っている。 ナトリウムは、水と電解質のバランスを維持するくれる身体に必要な重要な栄養素であり、筋肉の収縮と、適切な神経機能にも対応してくれる役割をする。

オウムが最も好む地域であるアマゾン流域内の泥には、他の一般的な植物性の食品より約40倍より高い濃度のナトリウムが入っている。 また、ナトリウムのカリウムの割合も4500倍も高い。 つまりナトリウムとカリウムがオウムや他の野生動物に不可欠な供給源であるわけだ。

▲写真出処:ピクサーベイ

ナトリウムが豊富な理由は?

オウムが食べ泥にナトリウムがこのように豊富な理由についてテキサスA&M大学のドナルド・ブライト・スミス(Donald Brightsmith)助教授は、古代の海が泥にナトリウムをエクスポートをすると推測した。

事実植物食べ物だけ摂取するアマゾンの動物たちにはナトリウムが必ず必要な栄養素である。 これは動物性食品には、ナトリウムが豊富な一方、植物性食品にはカリウムが多くとも関連付けられる。 カリウムがナトリウム摂取を妨害するだけでなく、ナトリウムの排泄も増加させる欠点を有していて、植物を食べる動物たちには別途ナトリウム摂取が必要になったこと。

自然の栄養素

オウムが集まるタンボパターの生態と保全を研究する「タンボパターマコプロジェクト(Tambopata Macaw Project)」によると、ここの泥を食べるために集まる18種のオウムは、過去数十年間、記録された。 土を食べるために密ジャングル出てくるオウムの群れはまさに壮観だ。 また、オウムの隙間に挟まって飛び立つ鳩と他の大きな鳥も見ることができる。

プロジェクトを率いるブライト・スミス教授は、土壌を食べる鳥は、一般的に、他の昆虫や動物性タンパク質を摂取していないと説明した。 昆虫や動物を食べると、代替ナトリウム源となるため、別々にナトリウムを摂取する必要がない。 結果的にオウムのトシク症と関連した2つの仮説を実験するために、食料有用性と季節パターンを比較して、オウムの巣周期を観察した研究チームは、、繁殖期に土の摂取量が最高潮に達し、これはオウムトシク症の主な原因がナトリウムの必要性と関連があることを示して証拠を得ることになった。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!