Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】子供ペットと共に育てるとき知っておくべきこと

/
/
/

ペットと子供を同時に育てることはかなり大変なことになることがあるので、子供が生まれる前のペットをよく訓練して変わった環境に適応するようにすることが重要である。

ペットを飼う人は、ほとんど一人で住むか、または膜仮定を設け、子供を持とうとする人々である。 ペットの所有者となるのは、子供を育てることと別段変わらず、ペットを飼うことは、すぐに子供の親になる人に子供が生まれたらどうすべきかを知らせるためのベストプラクティスになることがあります。

子供が生まれたら、既存のに飼っていたペットと一緒にやっていく方法を知っておく必要である。 子供の安全のためにペットを離れて行うことができないだけでなく、新たに生まれた子供をどのように迎えるかわからない不快なペットにも配慮しなければならないからである。

ブリスベン市議会はペットと子供を一緒に育てる場合、子供を安全に保つ方法の映像を掲載した。 子供ペットを一緒に育て、健康で平和な生活を守る方法を紹介する。

ペットトレーニング

もしあなたが望むものをペットにしたり、正しい行動をする場合は、訓練が最も優先だ。 ABC公認訓練士メリットミルラム(Merritt Milam)によると、正の強化を使用して訓練すると、ペットは主人とより健康で、粘着性がある関係を結ぶことができると言う。

最初から訓練をしていなかったが、十分に行動矯正が可能なので、心配はしていなくてもよい。 ただし子供ペットの間の境界に対してよく知るする必要があります。 ボストングローブ(Boston Globe)とインタビューしたジェニファー非カリー(Jenifer Vickery)は「子供を持つことに準備するように犬も準備が必要だ」と述べた。

すでに子供を育てる友達が家に遊びに来たときに子供を見て安心してもいいことをペットに知らてもされる。 所有者はペットを徹底的に監視し、ストレスを受けるしないようにする必要がありし、攻撃するかも見なければならない。 トータルジョメンシェパードまた、「子供が家に来る前にペットが子供関連の騒音に慣れなければならない」と話す。

ペットはまた子供自身の間に境界線が存在しなければならないという事実を認識し、子ども部屋で寝たり、子供のおもちゃを持って遊ぶように訓練しなければならない。 ペットのためのおもちゃを設け、子供のものに触れないようにしましょう。

子供に慣れるようにペットを訓練するために、赤ちゃんの人形を用いてもよい。 これらの訓練は、ペットが赤ちゃんが生まれたとき、嫉妬することを防止してくれるだろう。 ペットに子供がいる生活に慣れるよう訓練し、あなたが所有者であることを認知させ、子供と一緒にいることを見て嫉妬や悪い行動をしないようにしましょう。

子供ペットの安全な距離

ついに子供が生まれペットと子供があったと考えてみよう。 次に、現在両者の間に安全な距離を作成する必要が時だ。 ペット専門メディアフォーカルチャー(Pawculture)は「ペットにも子供から離れている時間が必要だ」と話す。 見知らぬ人が自分の領域に入ってくるのは、ペットをストレス受けることができるからである。 ペットには一人で休むスペースが必要である。

所有者は、常に子供の部屋にフェンスを打って置いてペットが中に入らないようにしなければならない。 このような変化は、子供が生まれる前から準備しなければならペットが子供が来たときにあまりにも多くの変化を感じない。

ペットが無視さと感じさせないこと

絶対ペットを無視してはいけない。 ペットが自分の席を誰か占めた感じたり無視されると感じたら憂鬱な症状を見せたり、攻撃性を帯びるようになる。

ウェブサイトペットコーチは「家族が死んだり主人が子供との時間を多く送信するなどのペットの環境が変化すると落ち込んで症状を見ることができる」は、獣医の言葉を伝えた。

ペットを無視する行動は嫉妬心を誘発することができる。 ペットが腹を出したり不便になら、これは子供に攻撃を示す可能性があるという意味だ。 留意すべき点は、常に子供がペットに皮肉行動しないようにしなければならないというものである。 2〜3歳になると、ペットをおもちゃだと思っていたずらをすることもできる。

ペットを飼うことは非常に興味深い経験である。 ペットに人の兄弟を紹介してくれるのは、さらに幸せな経験になることができる。 ペットと一緒に過ごす子供も成長しながら楽しく幸せにすることができますので、最初から子供ペットの関係を正しく作成することが必要である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!