Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】忘れられた都市での生存、「チェルノブイリの捨てられた犬」

/
/
/

時間が止まってしまった都市がある。 1986年放射能漏れで、世界最大の惨事を記録したところ。 まさに、ウクライナのチェルノブイリである。

人間には忘れられ都市となったが、それでもここには生物が悪条件と戦いながら生存している。 すぐに捨てられた犬だ。

▲ソース=ピクサーベイ

チェルノブイリの放棄された犬

もし、自分の家族が災害により、自分自身を放棄してしまったら、一人でできることは何もないだろう。 チェルノブイリの犬はまさにこのような環境に置かれた。 これらの保護者は、原発事故が発生した都市で避難して命をかけたが、犬を連れ出なかった。 放置された犬は劣悪な状況で耐え繁殖し、現在は多くの子孫が空腹、寒さと戦いながら生きている。

チェルノブイリの捨てられた犬の話は、1997年にスベアレクシーナビッチ(Svetlana Alexievich)が執筆した「チェルノブイリの声:未来のクロニクル(The Chernobyl Prayer:the Chronicles of the Future)」にそっくり追加と、犬たちが経験するトラブルと絶望を見せた。

本書では、本の絶望な状況がそっくり盛らたが、犬が泣き叫んでバスに乗ってしようとしましたが、兵士たちはそれらを足で蹴ってプッシュしたということ。 しかし、犬は、複数台のバスを追っまたチョトたと説明した。 さらに、兵士たちは無差別にこれら撮影殺せという命令まで実行する必要がした。 ここで、より悲痛な点は、自分のような運命を犬全く知らなかったという事実。 犬は今後軍人に尾を振って歓迎した。 おそらく自分に差し迫った運命を知らないまま、長い期間の待ちが終わったと勘違いしたのだ。

当時を回想した本の中の一登場人物は、最初に任務に入った日、犬はまだ家の近くを守り、人々が戻ってくるのを待っていたと述べた。 しかし、任務に忠実するために納屋や家、菜園で犬撮影ダンプトラックに乗せて運んだと伝えた。 彼は犬はなぜ人々は自分を撃つか理解することもできなかったとは、これらのペットだったので、銃や人々を恐れていなかったと述べた。

チェルノブイリで生きていくということ

事実、誰も彼らが劣悪な環境で生存することができると期待しなかった。 しかし、最近、チェルノブイリの立ち入り禁止区域を訪問したガーディアンのジュリー脈月(Julie McDowall)によると、数百頭の犬がこの場所を自分たちの家に三た生きていたと伝えた。

マック月には約300匹の犬が立ち入り禁止区域で生活していたが、以前に事故で生き残った犬たちの子孫と伝えた。 もちろんこれらに先祖たちのように恐ろしい事故が予想されるわけではない、かといっこれらの人生が楽でもない。 適切な動物シェルターもないばかりか、厳しい寒さ、そして空腹に耐え生きていかなければならない。 寒さと空腹が問題にならないとしても、毛の中で増加している放射線量は、これらの者に致命的な結果をもたらすことができる。 このような要因として、ここに住んでいる犬たちの平均寿命は6年以内ならない。

しかし、すべての生物は、環境に適応して生きていく。 ここの犬も同じだ。 これらのチェックポイントの近くで警備員が作った小さな小屋で生活するのに、いくつかの犬の近くのカフェにノコノコ人間が与える食べ物を得て食べる。 マック月はここのはカフェに立ち寄る観光客を迎えながら、まるでチェルノブイリの非公式マスコットとも同じ役割をしていると述べた。

幸いなことに、ここを訪れる人々とツアーガイドのすべての犬をきれいし、愛してくれる。 したツアーガイドのナデズベズダスタロドゥーブ(Nadezhda Starodub)はガーディアンとのインタビューで、訪問者が本を触れることに慎重ながらも犬が大好きだということを知っていると、犬も訪問客が与える食べ物を食べて交感し社会化薄くいると述べた。

チェルノブイリの変化

数年前までは、このような変化は不可能だった。 1986年の原発事故が発生したとき、爆発地点の30kmに達する周辺地域はすべて「人間が居住するには非常に汚染された場所」と規定されたため。 しかし、その後、2002年に、ここではツアーガイドを介して入ることができる観光スポットに生まれ変わった。 2005年以降には、ガイドツアーも制限が少し解けてホテルやカフェにも観光客が気軽に出入りできるようになった。 もちろん、犬にも良い環境になった。

労働災害地域を後援する非営利団体であるクリーンフューチャーズ・ファンド(CFF、Clean Futures Fund)は、その後、この地域に3つの動物診療所を設立して本格的に本の福祉に力書き始めた。 主に狂犬病やパルボウイルス、ジステンパー、肝炎、中性化手術を支援する。

CFFはしかし、ここの犬は、多くの場合、栄養失調にかかると、森の中に行ってもオオカミの攻撃に食べ物を求めることがないと述べた。 これ自分の食事を配る人に頼るしかないこと。 団体は、現在の個体数を管理し、生存に必要な基本的な健康管理サービスを提供している。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!