Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】最後に世の中残っ動物」エンドレスリング」

/
/
/

過去1世紀の間、多くの動物が絶滅した。 それぞれの種で、最後に生き残った動物は、「無限リング(endling)」と呼ばれ世話保護してくれた科学者や動物園管理士の名前が付けたりする。 絶滅の危機に瀕している種の中で、最後に生き残った有名な動物を紹介する。

Labsのフリンジアマガエル、トピ

トピ(Toughie)はラボラトリーズのフリンジ足アマガエルの最後に残ったカエルであり、最初に発見されたカエルでもある。 ウェブサイトメンタルフロス(Mentalfloss)によると、パナマの研究者は、2005年のジャングルに広がった毒性のカビから野生の両生類を救うために救出プロジェクトを進行中にこのカエルを発見したした。 このカエルは、地球上で最も孤独な存在として知られてたりした。 すぐにこのカエルは、アトランタ植物園(Atlanta Botanical Garden)に新しい家を得るされ両生類管理スタッフの2歳の息子の名前を得ることになった。 結局、この種のカエルが多く発見され、2005年になってから血種を正式に「ecnomiohyla rabborum」と規定した。 これら野生で、または人間に採集され、数年内にある死ぬた。 から血12歳で2016年に死亡しており、両生類のオブジェクトをすばやく減少させた原因だと知られている両生類伝染病の種類、カエル酵母菌の犠牲者となった。

ピン他島象カメ、ロンソムジョージ

ロンソムジョージ(Lonesome George)という名前が付けられたこのピン他島の象のカメは、1971年にガラパゴスピン他島で発見された。 マザーネイチャーネットワーク(Mother Nature Network)によると、このカメは、ピン他島の生態系の保護を促進するための記号になってきたと伝えた。 このカメが発見される前に、カメは島に訪問する捕鯨船と毛を取引する人々によって絶滅されたと信じられてきた。 環境保護者と動物園の管理者は、ジョージと雌カメを交尾しようと努力を重ねたが、結局卵は孵化していなかった。 2012年ジョージは、カリフォルニア州のサンタクルス島で捕獲当該命を失ったその時、当時の年齢は約100歳だったという。 このカメの情報は、ガラパゴスのチャールズダーウィン研究所に展示されている。

タスマニアタイガー、ベンジャミン

タスマニアタイガー、あるいは狼と呼ばれるこの種のは、20世紀にほとんど消えた。 メディアバズフィード(Buzzfeed)で述べたところによると、タスマニアタイガーは犬似ていますが、自分の量を殺すと思った農家の狩猟に絶滅した動物である。 これら近代に最も肉食性が濃厚結束首動物に病気と生息地の不在で絶滅された。 1933年から1936年まで、オーストラリアのホバート動物園(Hobart Zoo)に住んでいたタスマニアタイガーベンジャミン(Benjamin)が、彼らの最後のフォローアップであり、彼は非常に寒い夜、自分が過ごした場所のドアがロックされて死んでしまった。 現在では、、タスマニアタイガーがまだ存在するかの明確な証拠がないため、これらを見たうわさだけ繁茂するだけだ。

ヒースヘン、ブミンベン

ヒースヘンは草原エゾライチョウの変種である。 生息地は、アメリカの北部であったが、他の動物がここに侵入しようヒスヘンは、他の場所に移動行っていた。 ヒースヘンを保護するためにかなりの努力をしたにもかかわらず、野生保存か火が出たり、お茶に値だっただけでなく、ヒースヘンを保護するために発議された法案について、ニューヨーク州の弁護士の誤った理解に不運の終わりを迎えた。 バズフィードによると、この法案は「ヒースヘンと他の動物の法案」というタイトルだったが、弁護士が「鶏を火にデオダheat hens」と間違って読んだという。 1929年までに一匹のヒースヘンが生き残るアトウミョこれブミンベン(Booming Ben)と名付けれ1932年姿を消したという。 残念ながら、この鶏がいつ死んだのかは記録されていない。

旅行ハト、マーサ

旅行鳩(Passenger Pigeon)あるいは旅人鳩(学名Ectopistes migratorius)と呼ばれたこの鳥北米にしたときあふれては質の頃何時間もの群れをなして飛んで行って空を黒く染めたと伝えられる。 1878年、米ミシガン州に数多くの旅行鳩が生息し始め、5月の間、毎日5万匹程度の鳩が死ぬた。 その数は、20世紀に入って60億から数匹に急減しており、狩猟と森林伐採がその絶滅に大きな影響を及ぼした。 最後に生き残った旅行鳩のマーサ(Martha)はシンシナティ動物園(Cincinnati Zoo)で生まれ、29年の間に住んでいた1914年生を終えた。 マーサの残骸は、ワシントンDCにあるスミソニアン博物館で見ることができる。

多くの動物は、現在絶滅の危機に瀕している。 私たちは、動物の狩猟を停止し、保護しなければならない。 もし予防措置を今とらなければ、今見ることができる動物も数年後には見ることができなくなるかもしれない。

▲旅行鳩は1914年に絶滅されたが、ワシントンDCのスミソニアン博物館にその姿が展示されている(写真=ⓒFlickrの)
This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!