Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】淡水魚紙を取ることができる致命的な病気、コルルムナリスボトル

/
/
/
▲フレキシバクターコルルムナリスはコルルムナリス病気を誘発する代表的な細菌である(出典=ウィキメディアコモンズ)

コルルムナリス(Columnaris)は淡水魚を攻撃する代表的な悪性細菌の一つだ。 この細菌は、この分裂をして繁殖するので、淡水魚が感染すると、ソンスル暇もなくすぐに進行される。 わずか数秒でその過程が発生することがあり、一晩で数百万匹の淡水魚がコルルムナリスに感染することができる。

コルルムナリス病気とは何か?

コルルムナリス病気はカビ性病変が原因で菌感染症であると考えられている。 この病気は、観賞魚によく発生する可能性のある細菌性の感染症疾患でpH値が高くなると、さらに発症率が高くなる。 そして母体から一定期間の栄養と酸素の供給を受けて育つ魚類の生まれたから、主に発症する。

コルルムナリス病気の原因となることができる関連細菌紙大勢が最も代表的なのは、フレキシバクターコルルムナリス(Flexibacter columnaris)である。 この細菌は、64℉以上の水温で盛んに繁殖するので、熱帯魚がかかりやすい病気である。

コルルムナリス病気はグラム陰性好気性細菌病気である。 つまり、酸素が豊富に供給される水槽で繁殖するという意味だ。 そしてこの病気は発症するとすぐ水槽全体に直接拡散される。 しかし、水温が低いとすぐに繁殖していない。

兆候と症状

この病気の主な特徴は、えらと背びれとの間の鱗がぼやけ見えるが急速に潰瘍が広がる。 病変が上湧き出すと、数日内に赤色の粘性潰瘍鱗の下皮膚層に広がって潰瘍が進行すると、最初は灰白色で見えていた鱗が赤色がかった金色に変わる。

コルルムナリス病気は、皮膚の外部または内部で行われ、慢性または急性で表示されることができる。 慢性の場合病変が徐々に表示され、数日内に死ぬことになる。 急性の場合、病変は急速に現れ、数時間以内に水槽の中のすべての観賞魚が死んでしまう。

ほとんどのコルルムナリス感染は外的に発生し、髪とフィンやえらの周りに白または灰色の点が生じる。 病変は、最初は透明に表示目立たない場合があります。 しかし、状態が進むほど、黄色や茶色になったが赤く変わる。

熱帯魚を飼っている場合、このような症状を見ればコルルムナリス病気を疑わなければならない。 治療していない場合、個体数の50%は、2〜3日以内に死ぬことができる。

可能な治療と予防法

外部感染は抗生物質や化学物質で治療することができる。 コルルムナリス外部感染症を治療するために硫酸銅、アクリフラビン、フランとテラマイシンなどを使用することができる。 特にテラマイシンは外部感染に有効である。 水槽に塩分を少量追加すると、えら機能も改善することができる。 特に、生まれ凍結の塩分さらに利点を見ることができますがキャットフィッシュを飼っている場合は注意しなければならない。 キャットフィッシュは塩分に非常に敏感だからだ。

水槽が75℉以下の水温であれば、病気の拡散が遅れることがあります。 そしてコルルムナリス病気を治療している間、炭素を除去する必要がある。 ただし、いくつか観賞魚のみ症状が現れても、全体の水槽を治療する必要があり、治療を開始しても、24〜48時間以内に感染した観賞魚は死ぬことができる。

細菌は、有機廃棄物であるため、コルルムナリス発症は周期的な水の交換と水槽管理に調節することができる。 病気観賞魚はすぐに分離する必要が感染の拡散を防ぐことができる。

新たに追加する観賞魚も最初は隔離することが病気を予防する方法である。 症状を適切に治療するために、2〜3週間の隔離期間が必要である。 水槽に十分なミネラルを追加することも重要である。

分離する他の水槽にも細菌の拡散を防ぐために使用物品は消毒しなければならない。 生まれ語を育てる水槽に少量のこと静か塩分を定期的に追加すると、病気を予防することができる。

▲コルルムナリス感染症を治療するために硫酸銅を使用することができる(出典=ウィキメディアコモンズ)
This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!