Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】熱に弱いモルモット、熱中症と足の骨折予防法

/
/
/
▲飼料を食べているかわいいモルモット二匹(出典=ピクサーベイ)

短い足とぽっちゃりボディをかわいいモルモットは社交性が良く優れたペットとしての地位を固めた。 モルモットをペットとして迎える場合、いくつかの注意事項を知っておくのがよい。

一度モルモットは人のように汗を流すことができないので、温度に脆弱であり、熱中症にかかりやすい。 ブルックハースト動物医療センターによると、モルモットは熱中症にかかりまで10〜15分もかからない。

モルモット熱中症の症状

1.職場体温が39〜40℃まで上がる。

2.脱水症状が現れ、尿量が減る。

3.呼吸が合羽れる。

4.無気力症状が現れる。

5.主横たわっている。

6.発作

7.痙攣

8.心拍数の増加

9.移動不可能


モルモット熱中症対処法

最初にすべきことはモルモットの体温を下げるものである。 直射日光を避け、モルモットをエアコンをつけた室内で移動したり、太陽が入ってくる窓の前でケージを移さなければならない。

1.熱中症にかかったモルモットを4cmの深さにぬるま湯の入った容器に入れる。 約10分間のモルモット体をぬるま湯で優しく的必要がある。 モルモットがショック状態に陥る可能性があるので、このとき氷水を使用してはならない。

2.モルモットが水分を摂取することができるようにしなければならない。

3.水3/4カップに蜂蜜を混ぜて与えれば、体力が回復することができる。 反応を示すまで二時間間隔で与えればされる。

4.モルモットが回復し、ストレスを軽減できるように餌を与える時間を除いては、静かで暗いと涼しい場所に置くのがよい。

5.非常に衰弱してたり発作をして何の反応も見せていない場合は、動物病院に連れて行かなければならない。

モルモットの熱中症予防法

蒸し暑い日モルモットを家の外に連れて出てきた場合には、直射日光や熱気を避けなければならない。 外気温が27℃を超える日は室内に置くのがよい。 日陰の場所で遊んでなければならず。 水と野菜を多く与えなければならない。

暑い日には、氷のバケツをタオルで包んでケージの中に入れて与えることができる。 温度が上がると、脱水症状の予防が重要であるため、新鮮な水を与えることができるようしなければならない。

小さな石やレンガをケージの隅に入れてくれるのも有効である。 モルモットは休憩を取るときクール表面を好きだからだ。 また、ケージは直射日光が当たらない場所に移しておいて、室温は20℃に維持しなければならない。 モルモットを車に乗せる場合には、車両のエアコンをキーのも必須だ。

モルモット骨折の原因は?

モルモットに表示される緊急事態のいずれかが骨折である。 骨折の原因は、ほとんどの子供たちと関連している。 子供の腕に抱かれたモルモットはコムジラクたあと飛び降りけがをしたり、子どもたちが間違った方法で抱っこために発生する。 ケージの中に設置されたランプにつまずいても、骨折が起こることがあります。 また、適切な飼料を与えていない場合は、骨が弱くなって骨折が生じやすい。

モルモット骨折対処法は?

モルモットが骨折を被った場合、すぐに動物病院を見つける必要があります。 骨折は致命的な緊急事態ではないが、かなりの痛みを伴うため、モルモットが死ぬこともある。

獣医は骨折した骨を正確に見つけるためにX線を撮影する。 また、骨折部位が治癒するまで副木を当てたり、ピンで固定することができる。 添え木や手術でも治療がされていないか、または骨折した後、時間が遅れた場合、ジョルダンスルを行うこともある。 状態が深刻な場合、獣医師は、最後の手段として安楽死を勧めることもできる。

骨折予防法

モルモットの骨の健康のために適切な飼料を与えることが重要である。 ケージの中でつまずくことができる物体は取り除くことが良い。

子供たちはモルモットを抱くとき、床に座らなければし、ケージの外に取り出して置くときは家族に知らせなければならない。 ともすればモルモットを踏む可能性があるからである。

モルモットの所有者は、事故が発生した場合、防御率する必要はありませんが、子供たちはモルモットを扱う際には注意を払う必要があります。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!