Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】爬虫類、果たしてペットに適切な対象なのか?

/
/
/

時々人々は珍しい動物をペットとして育てることもある。 これは、自分の性向やライフスタイルに応じて考慮される部分はあるとしても、いざ、適切な管理を行わず、最終的には苦手と転落するのが常だ。

特に爬虫類を飼育それなりの好奇心を満たすこともある。 しかし、爬虫類が人間と一緒に暮らすペットとジョクハプジには着実に疑問が提起される。 こここれをよく説明してくれる本当の話がある。

ソルトレイクの爬虫類たち

米国ソルトレイクで爬虫類の構造のサービスを運営するジェームスディックス(James Dix)は先月22日(現地時間)した倉庫にヘビをはじめとするワニ、カメ、クモを放置しながら、地域ニュースの話題になった。

当時の倉庫の従業員は、ディックスが二日以内に戻って動物たちを連れて行くと言ったが、2週間経っても連絡がなかったと伝えた。 ディックスが後に倉庫を再訪問したのは一度だけで、これまで倉庫の従業員が代わりに爬虫類を与え管理しなければならいた。

しかし、ディックスは、自分の爬虫類が虐待されたり捨てられたものではないと主張する。 自分が心臓病があり、手術のためにマレーの病院で過ごさなければならいたので、過去数日間、動物を世話することができなかったこと。 現地放送によると、ディックスは、心臓発作を起こし、心臓バイパス手術を受ける予定である。

ディックスの爬虫類が倉庫に閉じ込めた理由は一緒に住むことができる適当な場所が見つからなかったためだ。 彼は昨年12月、自分がいた建物が売れ、自分の社長が運営する店に一時的に爬虫類を任せた。 しかし、現在までも爬虫類を迎えてくれる都市がない家ない求めている状況である。

倉庫スタッフも、自分たちが管理していた動物のうち、トカゲの一匹とカメ何匹が死んで地域の動物サービスに連絡を取ることが余儀なくされた。 これ野生動物資源部のスタッフは、倉庫から約150匹の爬虫類を救助した。 動物のスポークスマンカルリスタピアソン(Callista Pearson)によると、当時、救助された150頭のうち約4分の1ほどはすでに栄養失調状態だった。 しかし、ディックスは、すでに自分が動物を救助したときから、いくつかの動物の状態にならない良かった抗弁した。

ディックスは、現在、動物虐待と放置の疑いで調査を受けているところだ。 しかし、彼は、もし自分が動物を虐待した場合、過去20年の間に事業を運営していなかったと主張している。 現在の動物のうち、60匹は、動物シェルターでは、残りの部分は、野生動物の部で引き受け飼っている。

商品化されている動物たち

動物の専門家であるマイケル・フォックス(Michael Fox)博士は、爬虫類と両生類を養いながら持つ個人の楽しさと教育、科学的価値などはすべて、人間中心的な観点だけで、その有効性が実証され正当化されていると指摘した。 彼はこのような観点は、動物が被害を受けて商品として扱われるため、獣医の生命倫理原則とは相反と語った。

それによると、ペットとして売らいく動物の多くは、購入された最初の年に死亡する。 動物の死亡率を高める要素としては、取得と輸送の過程で受けるストレスがある。

このような理由で、現在多くの都市は、爬虫類をペットとしてかけないようにするポリシーを活用している。 特に、カナダのバンクーバーが代表的に、これ爬虫類を育てようは住民は、地域団体である「RRAES(Reptile Rescue、Adoption and Education Society)」の支援を要求する必要がない境遇になった。

RRAESの代表足のロープベンダル(Val Lofvendahl)は、すでに過去の週末にも3匹のトカゲとカメ一匹を受けたと述べた。 それによると、動物を超えた保護者は、都市の別名「ノペト(No pet)」政策にもう動物を育てることができなくなった現実に挫折している状態だ。 この団体は、爬虫類だけでなく、水槽に生息する動物たちもすべて管理している。 また、管理していた爬虫類が健康を回復すると、生涯のために生きることができる適切な条件を備えた養子の家族を探すのも協力している。

団体は爬虫類を採用しようとする人々に「爬虫類が生きていくために必要な供給と環境条件がかなり厳しいので、世話をして管理することが容易ではないため、慎重に検討する」と述べた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!