Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】犬は実際に人間の癌を検出することができるだろうか?

/
/
/
写真出処:PaelmerPhotoArts / Pixabay

ハリウッド女優シャノン・ドハーティは、2015年に乳がんと診断された。 診断を受ける前の状態を回想した。

彼女は犬彼女の右胸の匂いを執着的に引き受け、これを異常に思ったドハーティは自分の犬のがんを最初に発見したと主張した。

ドハーティのほか、多くの人々にも犬や猫の異常行動のために検査を受けて、後で癌の診断を受けた似たような経験を話した。

本を通じて腫瘍や癌を検査することができるだろうか? 英国国立保健サービスの最初の研究によると、訓練された麻薬探知犬は、93%の尿サンプルから前立腺癌を検出することができたと述べた。

パリのキュリー研究所の別のプロジェクトである「KDog」は犬に乳癌患者が着る服の匂いを引き受けることにした。 6ヶ月間の訓練の後、二匹、ドイツシェパードが癌にかかった人が着ていた服とそうでない人が着ていた服を100%の成功率で区別することができたと発表した。

実際に1989年の初めに、研究者たちは、個の鼻が実際に癌細胞を検出することができ信じた。 しかし、本大学の気体検出の専門家であるPeter Boekerは「犬の反応することが何なのかを正確に知らない」とする。 ほぼ30年が経過した後も、研究者たちは、特定のにおいが犬の行動を変化させるだけ知っている。

ドイツダルムシュタット(Darmstadt)大学病院のカールスキーだけスキー医師と彼のチームは、今後の600人のボランティアとその中140人が肺や大腸癌を診断された人々を対象とした研究を通じて、これを明らかにする予定である。

彼らは呼吸、尿や便のサンプルを分析し、癌患者の特徴を決定する別の物質との分子を分離して訓練された麻薬探知犬がどこに反応するかを研究する。 結局、癌に関連する分子を調べることを希望する。

しかし、この研究の目的は、犬の癌をよりよく検出することができるように犬を訓練させたいのがなくつの能力をもっと信頼できる機械で作ら臭いを介して癌の存在を発見することである。

病院を訪問して、放射線を使用して癌を誘発させることができるX線検査機の代わりに、がんを検出することができる薬物探知犬が検査すればいいだろう。

しかし、スキーだけのスキー医師は犬の訓練は、時間がかかり、世界中の病院のがん検診プログラムに必要な数だけの犬を訓練することはほとんど不可能だと主張した。 また、オーストリアのクレムス大学病院の研究者は、犬は機械ではなく、私たちが誰かの命をつに依存したくないと述べた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!