Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】犬や猫に関する面白い研究の3つの

/
/
/

自分の性向と個性に応じて犬や猫、または両方の動物の両方を育てる人々がいる。 しかし、猫と犬の異なる個性と同じように、これら育てる保護者にも違いが存在するという面白い研究結果があり注目される。

犬猫より賢いですが、人の場合には、猫を育てる人が本を育てる人よりインテリジェントという研究結果が発表された。 ペットの知能と主人の結果が逆に出てくるされた理由は何だろう?

猫を育てるほど高学歴?

今回の研究では、過去のアメリカキャロル大学の心理学准教授であるデニスとベステルロー(Denise Guastello)が大学生600人を対象に実施した研究を引用して、保護者の性向を説明した。

とベステルロー教授が猫を育てる人が犬を育てる人よりインテリジェントと主張した根拠としては、先に大学の学位の有無を挙げることができる。 まさに猫保護者が比較的大学の学位を持っている可能性が大きいだけでなく、知能テストでも、より高いスコアを得る確率が高いということだ。 これを裏付ける根拠としては、より多くの教育を受けた人々は、仕事のオフィスで長い間働いている傾向が多いということだ。 これ自分のライフスタイルや個人的な環境を理解してくれる猫を育てることを好むようになるという説明だ。 また、ネコを好む人は、比較的非順応的で、他の人の考えとは関係なく、自分が信じているものをそのまま従う傾向が多い。 このような態度は、猫の独立した傾向とも似ているという論理だ。

研究では、犬を育てる人々の場合社交的で外向的な性向を持っていると説明した。

動物評価において犬が好きな人の割合は約60%、猫が好きな人の割合は11%程度にしかならないことが確認された。 残りの29%は、猫と犬の両方を好むか、または、あるいは片方をより好む傾向がない人であった。

猫と犬の両方が好きで育てる人ももちろんありますが、そうでない人に猫と犬のための味の違いは終わらないすさまじい戦いとも同じだとの研究結果は明らかにした。

犬や猫の好みは性向の違いは?

過去2013年に行われたあるアンケートによると、性格特性が固定観念につながる可能性があるという点が発見された、例えば本を好きだといって、必ずしも積極的で活動的な性向ではなく、逆に猫が好きといって、必ずしも家にだけある性格でもないある。

好ましい品種に関連した質問では、犬を育てる人々の59%がイングリッシュブルドッグを選択し、ブルドッグの高い人気を見せた。 しかし、ブルドッグが好きな理由は特有のしわを寄せられ、顔の平たい鼻のようなルックスのためではなかった。 まさに上品ながらもリラックスして個性的な性格のためだったこと。 猫の場合、インテリジェントかつ好奇心シャム猫が人気が高かった。

リーダーズダイジェストが20万人以上のペットの保護者を対象に実施した別の調査でも、面白い結果が出た。 すぐに有名なポップグループだったビートルズのポール・マッカートニーが好きだった人は、ほとんどのを好むしたもので現れ、ジョージ・ハリスンが好きな人は、猫を好むことが示された。 また、ネコを好む人がツイート活動もより積極的なことを示してたが、媒体はこれと関連し、ツイートを楽しむ米ドナルド・トランプ大統領が本を育てないという説明も付け加えてそれなりのアンケート結果の信憑性を加えた。

動物たちもそれぞれの傾向が異なり

動物学者で米連邦野生動物研究員であるジョン・シビック(John Shivik)は、人間と同じように動物たちも個性がそれぞれ違うと説明した。 例えばコヨーテのような野生動物も性向を予測することができないというものである。 彼はコヨーテが双極性動物で、ある時は積極的な捕食者の性向を見せるが一方弱虫面もあると述べた。

シビック研究員は、自分の研究の結果に基づいて、単一の種内のオブジェクトでも、幅広い個性と性格が表示されることができると強調した。 例えばパラは、積極的な攻撃的な気質を見せても、受動的な気質に変化することができ、クモは一人で住んでいるか、あるいは群れと一緒に暮らすもないということだ。 彼はすべての動物は、個々の主体には、各動物の内部状態と行動パターンが結果を決定する主要な要因であると強調した。 続いて、これらの動物の個々の性向と多様性が地球での生存を成功に導くことができようにする基本的な原動力と強調した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!