Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】異色ペット、雪ウツボ育てる

/
/
/
(出典=ウィキメディアコモンズ)

ウツボはウナギ目ウツボの魚に大胆社納期で有名ですが、雪ウツボはしなやかで扱いやすく、ペットとしても脚光を浴びる種である。

スノーフレークウツボは、インド太平洋地域、メキシコ、コスタリカ、コロンビア、ハワイなどに生息する。 120種類以上のウツボ、魚のいずれかであり、雪の結晶のような白い斑点模様が特徴である。

スノーフレークウツボは胸と背びれがなく、まるで蛇のように体が滑らかである。 皮膚からの粘液を分泌して泳ぐ。 口の両側に小さなえらがあり、海水に住んでいるので雪ウツボを育てるには、海水水槽を準備しなければならない。

(出典= Flickrの)

雪ウツボを育成するには、少なくとも280Lレベルの水槽を準備しなければならない。 底には約7cm程度の砂を敷いて、雪の結晶ウツボが体を隠すことができる装飾を入れてくれる方がいい。

水槽内部にはヨムドギェ、温度計、水流モーター、スキマーなどを設置する。 スノーフレークウツボは、比較的水をすぐに汚れている魚であるため、良いろ過システムは必須だ。 この魚は、昼間は隠れていて、夕方に出て餌を食う夜行性である。 水槽の外に跳ね返って地面に落ちる危険性があるため、水槽の上に必ずキャップを設置する。

水槽の水のpHは8.1で8.4の間である必要がありpHのわずかな変化がウツボに大きなストレスになるので注意する。 塩分は1.022〜1.025の範囲、水温は摂氏23〜27度の間維持する。

(出典=ウィキメディアコモンズ)

野生の雪ウツボは甲殻類を主に食べる、水槽で育てた場合、新鮮な、あるいは凍らされた魚、貝、イカ、貝、エビ、ホタテなどを給与すればよい。 通常1週間に2〜3回、夕方に雪ウツボが活動をする際に餌を与える。 子スノーフレークウツボはより頻繁に餌を食べるならない。 ただし、金魚などの淡水魚(淡水魚)を餌に与えていないされている。 雪ウツボが肝疾患を引き起こす危険性があるからである。

スノーフレークウツボは視力が良くないが嗅覚が非常に鋭敏で餌を簡単に見つけることができます。 餌を与えるときは、ピンセットやトングなどを利用する。 基本的に雪の結晶ウツボは飼いならされたが、餌を食べる時はウツボ特有の激しさが出ることがあるので注意しなければならない。 そうでなければウツボに指をかまことができる。 スノーフレークウツボは、先に説明したように甲殻類を食べることができるので、固体の殻を割るほどトクヒムが強いので噛ま危険することができる。

雪ウツボと他の魚は、同じ水槽で育てないほうがいい。 雪ウツボが他の魚類を餌に考えてキャッチ食べるからである。 サンゴ礁や石、海洋無脊椎動物などは雪ウツボと大きくしてもよい。 雪ウツボを一度に複数の頭育てるつもりならサイズが似たようなオブジェクトを選択する。 大きさの違いが出たら大きな雪ウツボが小さい雪ウツボを食うことができるからである。 雪ウツボのように大きくしてもされている魚類は、やはり攻撃的に強いフグ、カワハギ、サメなどである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!