Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】痛みを感じる植物?

/
/
/

意思疎通が可能な人間と動物、特に動物は人間のように喜びと痛みの感情まで表現できると知られている。 果たして脳が存在しない植物がどのように感情を感じるのだろうか?

植物、痛みを感じる?

一般的に、痛みは感覚と感情的な側面がすべて加わっ表示されている。 もちろん、人間と動物は、このようなものをすべて体験することができますが、植物の場合、同様の能力を持っていない。 これ現在まで植物が痛みを感じることができるということを証明するだけの研究も発表されたところがない。

専門家たちも、植物の痛みについては、否定的な見方が多い。 植物と関連数多くの研究を進めていたイスラエルのテルアビブ大生命科学学部長であるダニエル・チャモロヴィッツ(Daniel Chamovitz)教授も植物は、脳がない主観的な痛みを経験はないと主張した。

しかし、一部の科学者たちは、植物にも感じて検出し学び記憶する能力を持っていると言う。 さらに人間に慣れているように反応する能力まで兼ね備えたという。

「雑食動物奮闘記(The Omnivore’s Delemma)」と「欲望の植物(Botany of Desire)」の著者であるマイケル・フォルラン(Micheal Pollan)博士は、植物が類似した構造を持っていたとし、これらが日常生活の中で収集するすべての感覚データを取ることができる方法を持っていると述べた。 そして、これを統合して、適切に対応すると説明した。 まさにこのようなものを脳に進行するというものである。 彼は情報を処理するために、脳が必要だと言うことは人間がただ無意識のうちに判断することに過ぎないと述べた。

▲ソース=ピクサーベイ

植物の感情メカニズム

ロリL.ダヴ(Laurie L. Dove)は、米国の情報提供ウェブサイトである「ハウスタフワークス(How Stuff Works)」に、新鮮な草の匂いを例に提示したことがある。 彼は多くの人々に暖かい気温がとどまることは楽しいことだが、草の場合は全く別の問題だと述べた。 たて削ったプールに関連付けされている臭いというのは、実際には、植物が使用する化学的な遭難信号や同様のコンセプトとのこと。 一言で造園機器や空腹幼虫などの植物を攻撃するすべてのものから身を守るために使用されるものであり、植物自体が動くことができない存在であるため、堂々と立っているまま、自分自身を保護する必要があるため、このような方法を使用することを彼は説明した。

ダヴが例に挙げた他の植物は、ミモザ(Mimosa)だ。 ミモザは非常に敏感な植物とされるのに触れる葉を接した下に降りて倒す。 動物生物学者モニカゴーグルリアノ(Monica Gagliano)博士は、ミモザ植物を繰り返し落とす実験を進行して、植物の反応を観察した。 植物は予想通りの葉を折りたたみ反応を見せた。 しかし、6回目に落としたとき、まるでこの刺激が何の意味がないことを気付いたかのように反応を停止したと伝えた。

博士が落とす行為ではなく、植物を持って振ることで方法を転換しよう植物は再び以内葉を接したノックダウン。 博士は、以前の落とす刺激は、安全に無視できなる信号として認識されたとは、この実験では、植物が、特定の状況を学び、覚えることができる能力があることを示唆しないと説明した。

植物はまた、敵を殺す目的で毒化学物質を放出することもある。 化学物質の放出は、自分の葉をむしゃむしゃ噛ん食べ攻撃する昆虫を殺す目的と同時に、潜在的な危険から役立つ昆虫や周辺の他の植物に危険を警告するためだ。 フォルラン博士は、植物が幼虫に自分の葉がシプヒョれる音のために恐怖を感じて化学物質を洗い流すと言った。

このような主張は、ビーガンベジタリアンにとって悩み苦しんだニュースになることができる。 ベジタリアンの主な理由は非人間的で痛みを伴うプロセスを経る動物を保護するためのもので、実際に植物も自分の葉が切られていくときの痛みを感じた場合、事実上食べることができる動植物自体がなくなるわけだ。

フォルラン博士はまた、植物が重力と水の存在も検出することができると説明した。 さらに、根に至るまでの障害物が発見された場合の根を別の方向に変えたりもするということ。 他にも、ドイツボン大学の研究者たちは、植物が痛みを知らせることができるガスを放出することができると明らかにした。

▲ソース=ピクサーベイ

植物や痛みは、まだ議論の距離

植物の痛み検出能力かどうかは、まだ議論の種だ。 そもそも人間のように脳があったり、神経細胞を持っていなくて、正確にどのように反応して、物事を検出するかについて完全に解明されていなかったからである。 上記したように、化学物質をエクスポートしたり、信号を伝えるような痛みを表現する独自の方式が実際にあっても、とにかくまだこのトピックでは、議論の真ん中いる。 科学的なアプローチはそのまま残して、植物を真正性に大し、それらを理解しようとすれば、これに対する気がかりなこともいつか解けるんじゃないか。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!