Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】研究者、カラスの鳴き声の意味研究の中で

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

米国ワシントンボセル大学の研究者がカラスのしわがれた声距離鳴き声の意味を研究している。 彼らは「私たちは、人間以外の知的生命体に魅了された」と伝えた。

研究を率いた生物学者ダグラスワコはカラスの鳴き声を解読しようと仲間を集めた。

これらの大学のキャンパスに秋、冬、春の間に1万6,000余匹のカラスがやってくることを確認した。 研究をするのに最適な条件であった。 研究者は、研究棟屋上の上に録音装置を設置した。

録音された音を確認した結果、カラスが非常に多様な音を出すという事実が明らかになった。 ワコは「私たちがもしカラスにマイクを向けるとカラスは人が前にいるので、様々な種類の音を出すだろう」と述べた。

だから研究者は、自分たちの姿が見えないようにした後、カラスの音を再録音した。

ワコはカラスの声がさまざまな状況に応じて異なる説明し、「明らかに意図がある」と付け加えた。

たとえばカラスは、捕食者を攻撃したときに、捕食者を驚かせするために非常に大きな音を出す。

一方、カラスは夜に飛ぶ間、他のカラスを呼ぶ声を出してお互いの位置を把握する。

カラスの鳴き声を炎であると考えている文化が多いが、ワコと研究者は引き続きカラスのコミュニケーション方法を研究する計画だ。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!