Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】祈りのハンター、カマキリ育てる

/
/
/

交配後の雌が雄を食べることでよく知られている恐ろしい昆虫、カマキリ。 しかし、最近はペット昆虫として浮上している。 いぼのすべてのことを知ってみましょう。

(出典=ウィキメディアコモンズ)

カマキリ

ナショナルジオグラフィックによると、いぼのユニーク英文名である「praying mantis」はグブジョンハゲ生じた前足のために付けられた。 餌を待っているとき、足が曲がっている形をとっているのが特徴で、この姿が、まるで祈りの姿勢と似て付けられたものである。 しかし、いぼをおもしろくするためだけこのような姿勢だけではない。

いぼは、自分の頭を180%に完全に回すことができる唯一の昆虫である。 このような頭の回転力は、胸元と頭の間にある柔軟な関節のおかげだけである。

もう一つの特徴は、帰宅1つしかないという事実。 耳は倍以下の後ろ足の上にありますが、このような特徴は、いぼが音の頻度や位置を識別するために、多少邪魔に作用する。 しかし、捕食者であるコウモリの音波探知でこれら放出する超音波を検出することができ、いつでもバットが近くにあることを知ることができる能力を備えている。 バットを検出すると、いぼはしていたことを止め、すぐ地に落ちて危機を免れている。

加えて、いぼは幼虫の段階を経ずに直接翼のない小さな生き物で誕生する不完全な変態を経る動物である。 以後数回脱皮を経て、初めて体に成長することになる。 一部では、いぼを害虫を駆除する利用もありますが、水分媒介的な着も、あるいは食品に入る食用昆虫もキャッチ食べるので、必ず人間の良い昆虫とみなされない。

現在、地球上にあるいぼ種はなんと2,000を超える。 このガウンに、いくつかのユニークなペットを求めている人達の手に移る祈りが、その中で、初心者に最適なイボ種では、アフリカンイボが挙げられる。 いぼは性別や種に応じて、最大15cmまで育つ。 平均寿命は約1年であるが、このうち半分は磁性体で生きていく時期だ。 ゴキブリとシロアリと互いに近い間で、これらはすべて共通の祖先から由来したもので知られている。

生息地は、熱帯地方に大きさや形状、色で区別することができる。 一部のイボは枯れた枝や、あるいはグギョジョ形体がトゥルオジンイプドゥルに見えるように偽装する、偽装術に強い。 あるいはまったく逆華やかな花のように見える非常にカラフルな色彩を誇って餌を誘惑したりする。 これらはすべて、昆虫から小さな両生類、爬虫類などを餌に摂取する厳然たる肉食動物に属する。 特に餌をとる速度はまるで雷打つ速度とも似ているように加工すべき威力を誇る。 餌をしっかりとつかんで食べる、前足に鋭いとげがあり、一度握った供給逃さない。

(出典=ピクサーベイ)

いぼ育てる

このように、本質的に同種の食って、他のすべての昆虫や小さな生き物を食べる肉食動物であるため、ペットとして育てる場合には、必ず小さなタンクに一匹ずつ保管するのがいい。 通常0.1㎡サイズ面脱皮をするために、問題がないほどだ。 もしこのより大きい場合餌を捜すために、多少の困難を感じることができる。 タンクの上部と側面はメッシュ素材で安全にするのがよい。 底には2〜5cmほどの土と泥炭、あるいは砂とバーミキュライトを混ぜてくれれば、水分が維持されることができ、最適の環境となる。 また、脱皮をしている間、タンクの上に木の枝をつけていぼがぶら下がっているようにする。

タンクの温度は、種に応じて若干異なりますので、自分が選択した種の特徴と生息環境の情報を検索して、適切な条件を造成してくれるとする。 アフリカンいぼの場合、通常21〜30度の間が最も良い。 爬虫類やヤドカリを育てる時に活用される小さな実プログラムは、追加の熱を供給してくれるのに有用である。

湿度と水も種によって異なる。 例えばアフリカン疣は約60%の湿度が必要だが、湿気はタンクに噴霧形で供給してくれることができる。 浅い水皿に砂利や海面を入れてタンクの湿度を維持するようにする。 いぼは、通常、噴霧された水滴を飲んで水分を供給されるが、時には水皿の水の水分を埋めることもある。 ただし、タンク内の湿度が非常に高くならないように注意するのが良い。 飼料は、ショウジョウバエや昆虫、蛾などで、ビタミンが十分食品を人々に食べさせていぼが、これらの栄養素をすぐに吸収することができるようにしてくれるとする。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!