Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】米研究者、遺伝学がつの健康に及ぼす影響の研究の中で

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

米国マサチューセッツ医科大学とケンブリッジ大学の研究者が共同で「ダーウィンの本(Darwin’s Dogs)」という研究を行っている。 研究者は、人間と犬の行動と健康について研究し、本遺伝学が犬の行動にどのような影響を及ぼして子犬をどのように変えるかを調べるために研究を進めている。

研究者は、犬、動物の遺伝子を分析し、探索しながら犬の所有者の研究参加を誘導している。 首席研究員であり、生体との統合生物学の分野助教授であるエルリノオカールソンは1万4,700余匹の犬の研究に参加したと述べた。 カールソンは、「科学的な観点から見ると、犬は巨大な行動範囲を持っている」と付け加えた。

彼女はこのような行動の多様性が、それぞれの遺伝子と関連があると考えている。 だから犬の行動をよく知っている犬の所有者の研究参加が大きな助けになる。 これらの様々な環境に応じ行動の変化を正確に知っており、ラボ環境で得られたものより信頼性の高いデータを提供するからである。

研究者はまた、個の遺伝子を分析し犬が精神疾患、食物アレルギー、および認知障害に苦しむ理由を明らかにすることができると説明した。 このような病気の研究が順調に進めば、すぐにがんにも焦点を合わせて研究を続けるだろう。 研究者は、国際動物愛護コンサルタント協会の動物行動の専門家と協力している。

また、彼らが作ったウェブサイトを介して多くのボランティアが研究に参加した。 このウェブサイトには、犬の所有者が犬の犬種に合わせて回答することができるアンケートが用意されている。 また、研究者が送信したキットで犬の唾液を採取し、サンプルを提出することができる。 研究者は、ウェブサイトからの研究に関する情報、研究者が作成したブログ、コミュニティフォーラムのディスカッションなどを公開する。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!