Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】絶滅の危機瀕ヨンガプ巨大カメ、カンボジアメコン川地域で発見

/
/
/

絶滅の危機瀕ヨンガプ巨大カメ、カンボジアメコン川地域で発見

ニューヨークに本部を置く野生動物保護協会(Wildlife Conservation Society、WCS)は、カンボジア北東のクラティー(Kratie)とスツントゥレン(Stung Treng)地域メコン(Mekong River)中州で、アジアの巨大ヨンガプカメ(学名:Pelochelys cantorii )の巣が発見されたと報じた。

アジアの巨大ヨンガプカメは国際自然保護連合(International Union of Conservation of Nature、IUCN)によって「絶滅の危機に瀕している」と報告されており、今回発見された地域は、カンボジアではほぼ唯一残っカメの巣に推測されている。

この巨大カメは体長が1.8メートルに達し、世界最大の淡水カメでも知られている。

アジアの巨大ヨンガプカメは、カンボジアのほか、中国、バングラデシュ、フィリピン、インドでも発見されている種である。

今回のカメの巣はWCS、コミュニティだけでなく、カンボジア当局によって発見され、今年の冬に入って初めて観察された場合と伝えられた。 この巨大カメは、2007年にメコン川で再発見されるまで、カンボジアで既に絶滅したと考えられていた。 再発見直後に、378個のカメの巣は、当局によって保護を受け約8,528匹のカメ子が自然の生息地から解放された。

一方、世界の野生動物基金(World Wildlife Fund、WWF)は、両生類11匹、魚2匹、爬虫類11匹、植物88匹、哺乳類3匹など約115種の新しい動植物がメコン川地域で活動する科学者によって発見されたと報じた。

新しい種の発見は、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの共同研究で実現可能だった。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!