Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】虫好きからかわ受け8歳の少女、科学技術雑誌共著者がドゥェダ

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

カナダのオンタリオ州出身の8歳の少女が作成した文章が知られている。

この少女は、「Hoppers(トントンイ)」と名付けた独自の「親友」であるバッタについて「バッタが私に小便を包みたが、それはバッタが節聞い私被だと思ってすぐに投げた。 バッタは階段どこかに落ちた」とした。

少女の名前はソフィアスペンサーに虫や昆虫を見て見ること好きなのに、この趣味はソフィアを科学技術雑誌の見習い著者にした。

ソフィアは6日、米国の昆虫学会年報に掲載された正当な理由の約束」ソフィアの話と、なぜ昆虫が女の子のためのか」というタイトルの研究論文に共著者として自分の名前を上げた。

昆虫の専門家になりたいと明らかにしたソフィアが好きな虫はカタツムリ、スラグは、幼虫と呼ばれ、その中でもイナゴを最も好む。

この論文の主著者はカナダのゲルフ大学の昆虫学と大学院生であり、自然写真家、そして研究助手であるモルガン・ジャクソンだ。

ジャクソンは、オンタリオ州グエルフ地域の昆虫協会に関連するTwitterのアカウントとその他のソーシャルメディアアカウントを管理している。

彼はTwitterのようなソーシャルメディアが昆虫や他の科学分野の認知度を向上させるためにどのような役割をすることができるかどうかの論文を作成するためにソフィアを招待して一緒に作成しようという提案をした。

ハッシュタグ「なぜ昆虫が女の子のためのか」についての話は、ソフィアの母であるニコール・スペンサーが、カナダの昆虫学会に連絡をし始めた。

ソフィアの母は虫や昆虫の世界について学び、探求することを好むソフィアをどのようにすればよく導くことができるかどうかについて知っているソフィアと連絡をして過ごすことができる昆虫の専門家または「ペンパル」を見つけるために、2016年の昆虫学会に連絡を取った。

ソフィアの母は「私は科学の分野において、今後着実にソフィアに助けを与える自信がない」と述べた。

彼女は彼女が手紙の終わりに「私はソフィアが昆虫の専門家を介して、自分が虫や昆虫が好きなのが不思議な(他の子供たちがソフィアを奇妙な子供と呼びます)がないことを知って欲しい」という言葉仕上げた。

昆虫協会は2016年8月26日協会のツイッター季節にソフィアの母が送った手紙を上げた。

カナダのメディアである「トロントスター(Toronto Star)」は、ジャクソンがソフィアの状況について知って心を痛めたというニュースを伝えた。

ジャクソンは「私は誰かがいじめられているという事実を聞くことを好まない。 特に、誰かが私の関心を持って見守るならなおさらだ」と述べた。

これらのニュースを伝えた媒体は、オーストラリアと英国出身の昆虫学者たちもソフィアに関連するTwitterの記事に返信を残したと報じた。

ソフィアは今、自分のような昆虫を愛する世界中の子供、大人、昆虫学者のような新しい友達ができた。 これらのほとんどは女性である。

このように虫は本当に女の子のためのものである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!