Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】離婚夫婦とペット親権訴訟

/
/
/

米国の結婚生活弁護士アカデミーが調査したところによると、ペットの親権の訴訟が過去5年間27%増加したという。 離婚する夫婦の20%が離婚訴訟当時の裁判官がペットを資産として分類したと述べた。

離婚する夫婦が親権を置いて争っは、犬や猫だけではない。 カメ、ニシキヘビ、アフリカオウム、イグアナなどを置いて争っ夫婦も多い。

入札戦争

米国イリノイ州では、2018年1月1日からペットを財産とみなし、親権訴訟を扱う。 犬の中で置いて、夫と妻がそれぞれの名前を呼んで犬の先に近付いていく方が親権を持つことはもう起こらない。 しかし、裁判官は、ソロモン王が赤ちゃんを置いて争っ二人の女性に知恵判決を下したかのように、さまざまな側面から判断を下すだろう。

イリノイ州缶カーキ郡の裁判官マイケルキックは犬を所有しようとする離婚夫婦に入札を提示した。 この犬の落札は1500ドル(約163万ウォン)だった。 新しい法律が施行されると、裁判官はどのような人が、ペットの福祉をよりよく責任を負うかどうかを計算して決定を下すことになる。

配偶者の一人、ペット親権を放棄すれば、自然に他の配偶者が親権を持つ場合もある。 ほとんどの離婚夫婦はペットが夫婦の離婚後もよく過ごすことができると考えている。 しかし、家族の構造の崩壊は、ペットにかなり否定的な影響を与える。

面倒、ホンフ合意書

ペットにも所有者の離婚はかなり受け入れ難いことである。 缶カーキ郡動物保護協会のジュリーボードには夫婦が面倒、ホンフ合意書を作成して、ペットを事前に保護することができると述べた。 つまり、誰がペットを管理し、誰がペットの動物病院の費用を用意してくるなどをあらかじめ定めるものである。 このように、あらかじめペットのための責任を負う人を決めておけば、もしこの夫婦が離婚になった時、裁判官がペットの去就を決定するために有用である。

フロリダ州地方裁判所は、カップルの離婚訴訟で犬ロディを夫が結婚前から育てていたことを挙げ、ロディの親権は夫にあると判決した。 妻は、定期的にロディを訪問することができた。 しばらくして、妻は夫が自分の訪問を許可していなかった訴訟を提起した。 しかし、裁判所は、犬が今の夫に帰属のでガンジェグォンはないと言って、夫の手を挙げた。

裁判所はまた、もし夫婦が離婚した後、一人、元の家にそのまま住んでた人取締役をしていく場合には、ペットの生活のために元の家に住んでいる人に親権を与える場合もあると付け加えた。

大規模のペット産業

アメリカの家庭の63%がペットを所有している。 つまり、ペット産業はものすごい規模の市場である。 これにより、離婚家庭のペットの問題も浮上した。 アメリカ人が育てる犬の数は4,400万匹で、所有者が犬に使うお金が2017年だけ410億ドル(約44兆ウォン)に達すると予想される。

動物の法定弁護を担当するファンドも登場した。 動物擁護基金の訴訟担当ディレクターであるジョイスティセラーは離婚夫婦のペット親権問題と関連し、定期的に裁判所に訪問する。

また、動物保護協会の専門家は、ペットが主人の離婚後、精神的な問題と行動障害を示すことができると述べた。 兆候としては、うつ病、睡眠時間の増加、食欲低下、関心と活動の低下などである。

▲元=パブリックドメインの写真

その他の動物関連法案

アラスカ与えるすでに動物親権の法案を持っている。 この法案によると、動物は人間ではなく、脊椎動物で規定される。 ロードアイランド州下院議員チャルリンリマはアラスカを模範的に三11月、同様の法案を出した。

彼女は多くの人がペットの親権に育てる動物を虐待すると述べた。 離婚で経験したストレスをペットに解い感情を噴出するものである。

動物擁護基金のジェフ・ピアースは、ペットは、個人の財産とみなされますが、動物虐待を禁止する法案も存在するとし、法律システムが離婚家庭のペットをどのように対応すべきかどうかの見解を明らかにした。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!