Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】騒音公害に悩まされている鳥… 「外傷後ストレス障害」の痛み

/
/
/

重大な事故、すなわち、戦争や自然災害、その他の事故や事件などを経験した後、その事件について恐怖感を感じて継続的に不安症状を示す「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」。 生命を脅かすほど深刻なストレスを経験した場合に発生するが、心理的な反応は、慢性的な健康問題につながることができ、特に危険である。

しかし、最近の研究では、長い間、騒音公害に露出された鳥もPTSD症状を経験することができるという結果が出て、さらに懸念を買っている。

科学アカデミー紀要に掲載されたこの研究では、ニューメキシコ州北部にある天然ガス処理施設の近くに住んでいる鳥がオイルとガスの操作により、慢性的なストレスを経験しているという兆候が明らかになった。 鳥の健康も悪化したことが分かった。

研究チームは、天然ガス処理施設周辺の約240個の巣を観察した結果、鳥から不安と気晴らしは、危険を感知する感覚が極度に発達している状態であると覚醒(hypervigilance)が増加し、ホルモンの数値が変化したと説明した。

また、騒音公害が継続的につながってきて鳥は、捕食者がアクセスする音などの一般的な音を聞く能力が低下して妄想に悩まされていた。 子鳥も騒音によるストレスに苦しんでいたが、特に成長発育が完全に発達してい及ばないか、羽も貧弱に育ったことが分かった。 いくつかは、生存することもできなかった。

▲ソース=ウェスタンパラ/ピクサーベイ

これと関連し、米フロリダ州自然史博物館の生物多様性情報学分野の学芸員であるロブ区ラルニク(Rob Guralnick)は、天然ガス施設から出た騒音公害が鳥の感覚に影響を与えていると指摘した。 また、鳥は周りで何が起きるか分からず、それによるストレスレベルも増加すると付け加えた。 彼は「鳥は何が起こるか分からない恒久的にストレスを受けている」とし「一定のストレスが人間の健康の多くの側面を低下させるように、鳥の生理学的健康と体力全般にも影響を与える」も警告した。

研究者はまたガラガラヘビキャニオン書式管理エリアの近くに住んでいるウエスタンパラ(Western Bluebird)と山青い鳥(Mountain Bluebird)、およびジェᆽビトミョクジョウビタキ(Ash-throated flycatcher)の3種を観察したところ、これらはすべて天然ガスジョンと圧縮装置があるところに住んでいた。 ここも、デバイスから出る低ハミング音が継続的に聞こえる騒音公害地域である。

研究によると、この地域の鳥のストレスホルモンであるコルチコステロン(corticosterone)レベルが低いことを示してたが、このホルモンのレベルが付いて騒音公害が鳥に与える物理的な影響は、騒音公害とストレスとの関連を証明した。 つまり、コースティコースセロンの低い数値は、動物たちが、むしろ大量のストレスを受けているという兆候とのこと。 また、騒音レベルが10dB増加すると、動物の生息地の成長は90%まで低下することが明らかになった。

研究チームは、今回の研究は、人間の環境の開発と動物の個体数の減少を初めて接続した結果だと評価した。 旧ラルニクは、これまでの生息地の退化は、物理的な方法での環境の変化だけを意味したが、今回は、音響環境の低下と、これは真の保存の問題に直結すると説明した。

▲ソース=ジェᆽビトミョクジョウビタキ/ウィキメディア・コモンズ

一方、カリフォルニア工科大学の生態学者でクリントフランシス(Clint Francis)は、今回の研究とは異なり、以前の研究では、騒音公害地域に住んでいることがどのような方法鳥に恩恵を与えると明らかになったと説明した。 つまり鳥が騒音に耐性が生じ、人口統計も変化させて、地域社会の構造が調整できたものである。 また、騒音が捕食者のアクセスを制限させて、いくつかの鳥は、さらに繁栄することができたと述べた。 しかし、今回の研究を通じて、騒音地域の鳥は、PTSDを経験していた驚くべき事実が発見されたもの。

一方、今回の研究結果を分析したクリストファー・ローリー(Christopher Lowry)コロラド大のストレス生理学者鳥のPTSD症状が驚いない反応だった。 彼は長期間持続した緊張や圧迫などにさらされた生物体は、通常、ストレスが原因で否定的な反応を経験しないと説明した。 それによると、絶え間ない刺激との覚醒状態にあり、このような状況を無力化させる方法がない場合の鳥は、今後も、慢性疲労状態に苦しむしかなかった。

フランシス博士は、やはり騒音公害の原因聴力が失われた場合のリスクを検出する能力に影響を及ぼしれるとし、これは動物の健康に影響を与えるしかないと警告した。 これは鳥が周辺の潜在的な危険性を把握することができない不安を感じさせる。 彼は「動物は、常に自分の環境を調査し、リスクに基づいて意思決定を下す」とし「騒音がすることの一つは、本当に重要な感覚のチャンネルを低下させるだろう」と警告した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!