Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[イシュー]「非暴力主義者」ボノボ、実際には反社会的なオブジェクトを好む?

/
/
/

人間に最も近い親戚である類人猿、チンパンジーとボノボは、社会的構造と行動がかなり異なっている。

チンパンジーは、暴力的な紛争に加担する傾向があるが、ボノボはそうではない。 しかし、新しい研究によると、ボノボまた補助者より「厄介者」が好きだという事実が明らかになった。

ボノボは、生後3ヶ月になると、良い人とそうでない人を区別することができる。 サイエンティフィックアメリカン(Scientific American)が観察したところによると、ボノボは、自分自身を妨害する人よりも助けてくれる人を好むした。

ボノボとチンパンジーを比較するとボノボはチンパンジーに比べて少ない攻撃的低侵襲である。 デューク大学の進化人類学者クリストファークルーペニーはボノボが補助者をより好きだと話した。

他の人に敏感なボノボ

しかし、それはボノボは自分自身に役立つ人を区別したからである。 次に、第3者の立場ではどうか? 新しい研究によると、ボノボは非人間的な仲間に最も寛大だった。

クルーペニーとデューク大学の研究者は、ボノボが協同的、社会的な行動を重要視していることを学ぶために実験を実施した。 実験で研究者は、2Dアニメーションを利用してキャラクターが互いに助けてくれる姿、互いに干渉する姿をボノボに見せた。

最初の実験ではボノボは急な丘を登るうとする円形の画像を見た。 ウォンは丘を上がった。 他の実験では、三角形がウォンを支援丘を登るようにした。 別の実験では、四角形がウォンを丘の下に押した。

最後の制御実験では、ウォンが自在に丘の上、下に動いた。 すべての映像を見たボノボの前に三角形と四角形の形の紙に置かれたリンゴの二枚を差し出した。 驚くべきことに、二匹ボノボだけが三角形の紙の上のリンゴを家たし、残りの11匹ボノボは正方形の紙の上のリンゴを取った。

▲ソース= Flickrの

差別能力

つまり、研究結果によると、ボノボが反社会的あるいは社会的に作用するオブジェクトを差別することができるというものである。 しかし、人間とは異なり、ボノボは親の社会的な媒体を好むしていなかった。

研究者は、別の実験を実施した。 一人がおもちゃを持って遊んで落とし、第二の人がおもちゃを入れ、最初の人に返す。 ところで、第三の人は、おもちゃを奪っていく。 三人が果物を持ってボノボに近づく、ボノボは今回もおもちゃを奪って行った人が差し出した果物を受けて食べた。

研究者は、ボノボの社会的寛容な特性にもかかわらず、反社会的なオブジェクトを好むことについて疑問を提起した。 その理論は、反社会的行動が類人猿の生活の中で重要な役割をする支配力と関連があるということである。

研究者は、第三の実験を実施した。 やはり2Dアニメーションを用いた実験であった。 台形キャラクターが地面に描かれた円形の中に入ろうとすると五角形がそれを妨害した。 別のビデオでは、三角形と四角形がワンの中で一緒に動いた。 以前の実験結果と同様に、ボノボは迷惑な五角形を好んだ。

▲ソース=ピクサーベイ

成体ボノボが反社会的なオブジェクトを好むことを確認した研究者は、まだ子ボノボにどのような傾向があることを確認していなかったため、このような傾向が生まれるのか、それとも後天的なのかを決定することができないと述べた。

彼らは今後の研究で反社会的なオブジェクトと支配オブジェクトのボノボの反応が他のマップ調べなければならないと付け加えた。

しかし、デューク大学の人類学者ブライアンヘアは、ビデオを活用した実験の反応を基にボノボとチンパンジーを比較することは妥当でないと述べた。 人が道徳的な面で解析したビデオをボノボは、他の視点で眺める可能性があるからである。

ドイツマックスプランク研究所(Max Planck Institute)の開発および比較心理学の分野の研究者でもあったクルーペニーは、今回の実験結果は、人と類人猿を区別すると述べた。 人は反社会的なオブジェクトを避けるためである。 しかし、ボノボは、人間ではないので反社会的な行動をしているオブジェクトが支配力があるオブジェクトと判断し、そのオブジェクトを好むだろう。

他の研究によると、ボノボと人間の乳児にもそれぞれ反対されている評価を示した。 研究者は、このような違いを説明するためにはボノボとチンパンジーの行動をより深く研究しなければならないと付け加えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!