Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[イシュー]猫」賃貸から共有まで」、活発化する「レントケト」サービス

/
/
/

猫を育て幸せを感じる保護者がいるが、一部の人々には、これが起こることができないこともある。 例えば、家族の中でアレルギーを持っているか、あるいは健康上の問題で育てるを気にある。

しかし、このような問題を解決することができる良い選択肢が出た。 ちょっとでも猫のようにやっていくの求めている人達に「猫リース」サービスを提供する方式である。 レンタカーではなく、レントケト(Rent-a-Cat)あるわけだ。 このようなサービスは、単に猫が好きな人だけでなく、マウスなどの害虫の問題がある家庭にもメリットになることがあります。 日々の人気を得ている猫のレンタルサービスを暴いてみよう。

害虫防止の目的

米国ウィリアムズバーグで部屋2つ付きのアパートに住んでいるし、テナントは、最近の猫のレンタルサービスで苦手だったラットを撲滅する計画を立てた。 らクᇂヌンマウスに起因家主は害虫防除業者を呼んだが、メーカーからの根は消毒剤は、ラットをなくす時代遅れだったこと。 これに該当テナントは友人のアドバイスで猫を借りるた。

彼は高いベッドではなく、低いマットレスを敷いて寝たが、夜の間にラットがマットレスに上がってくるかもしれないという恐怖心を常に持っていたという。 しかし、アレルギーの原因猫を育てるのは無理であった。 これ猫レンタルサービスを知っている見た中、完了の友人が飼っていた猫がいて連れて来た。 しかし、この猫はネズミをキャッチどころか、むしろ恐れてマットレスの下に隠しに忙しかった。 最後に、彼は猫を連れてくる代わりにアパートをより清潔に保つ方を選択することにした。

マウスをキャッチ目的で猫を飼ってたい場合は、家の猫よりネズミを撲滅する任務に集中する猫を連れて来ることがより有効である。 実際にロサンゼルスのベストフレンズという団体は、マウスをつかむ環境を清潔に維持する目的で猫を育成している。 ここで猫を借りる主な顧客は、ほとんどのワイン醸造所や車両修理工場、都市農場などで、主にラットが多く出没するところである。

この団体に勤務するエリザベス・アンダーソンは、実際にこの猫育成プログラムにより、人と猫の両方が恩恵を受けていると強調した。 シェルターは猫を単体で送信より多くのスペースを確保することができ、マウスに苦しむ人々は、猫を採用して、より良い環境で過ごすことができるというものである。 路上で劣悪な生活していた猫たちも、新しい家族と新たな任務を引き受けて、より良い環境で生きる機会を得ることになる。 ただし、路上で生活していた猫たちの特性上、人と絆を形成するのに十分な社会化がされていなかった場合、養子縁組は行われないとアンダーソンは説明した。

猫共有サービス

猫共有サービスも人気だ。 中国深センで猫を販売しているた店は、最近猫共有サービスを開始して話題を集めた。 費用は日当たり約39.9元(約6800ウォン)で、単2500元(約42万ウォン)の保証金を払わなければならない。 猫はレンタルの前後にすべての健康検診を受ける、万一レンタル後高揚の健康が好きではないされたか、あるいは虐待された痕跡が見られるか、死んだ場合には、保証金は返金されない。

このサービスは、しかし、ラットの問題ではなく、猫自体を愛し、好きな人に、より適当には特徴がある。 もちろん、いくつかでは、これを急速に浮上している共有経済の大勢に参加しようとする動きで見て、共有経済モデルを誤用していると批判したりする。 このような猫共有サービスが、肝心の猫の健康を悪化させることができるという指摘だ。

宣伝に居住する猫保護者は共有経済の本質は、過度の社会的資源を適切に使用して効率を高めるだろうが、猫は過度にあふれる社会資源がないという説明だ。 猫が虐待され、人間がこれによって幸せを感じる構造も止揚なければならないという批判も出ている。

子猫賃貸

しかし、猫リース猫委託システムと同様の構造であるため、最終的には助けになるという意見もある。 実際にした団体では、子猫レンタルサービスを行っているが、ここでのスポークスマン血ノゴンダウリングによると、子猫賃貸は無料で行われる。 猫を育てる必要食べ物や物資、病院での治療などの諸費用は、すべての団体で支給する。 猫を連れて行く保護者がすべきことは、定期検診を定期的に受けることだけである。

この子猫賃貸は早い年齢で早く社会化教育を受けることができ、健康を維持することができるという点で非常に効果的との評判を受ける。 もちろんシェルターの安楽死率も下げることができる。

ダウリングは子猫委託は、特に春と夏に多く必要だと強調した。 このシーズン中ほとんどの避難所が溢れる子猫たちに疲労をアルギからである。 これシェルターは子猫委託を促進するためにリブランディングやリマーケティングなど委託を促進することができるいくつかの活動にも死活をかける。

多ウルリウンまた賃貸し育てる中愛情を感じ養子したい場合、サービスはリースで所有にスムーズに移行されるとし、団体は、養子縁組の切り替えを完全に奨励していると説明した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!