Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[イシュー]米国ユタ州、動物虐待法制定の議論を開始

/
/
/
写真:ピクサーベイ

米国ユタ州で猫セージが高文字の手に殺されたという事実が知らされ、動物虐待法制定について多くの議論が始まった。

去る3月9日、ユタ州クリアフィールドに住んでいた猫セージは激しい拷問を受けたまま発見された。 セージは、家族のように住んでいたペットの猫だった。

セージは、発見当時ひどい火傷を負って暴行骨が折れれ、すぐに死亡した。 クリアフィールド警察署とデビッド動物センターでは、セージ事件を継続調査している。

セージ拷問致死事件が知らされ、動物虐待を禁止する法案を発議してほしいという、2つの嘆願書が出ている。 この嘆願書は、現在、4万件以上の署名を受けた。

嘆願書の内容は、次のとおりである。 ユタ州内の動物虐待の名前のリストを作成し、ペットを拷問する人のために罰金を最大に上げてほしいという内容である。

これと関連し、デビッド郡動物保護センターの監督クリントセコは2件オンライン陳情書を言及し、動物虐待が複雑な問題で犯罪者記録問題や厳しい罰金などが解き難しいと述べた。

セコは先月31日、避難所運動場で子供ポインタ混血ナチョスの背中をかいてながら、「最小限の詳細な議論なしに動物虐待のリストを作成ことは疑問である」と述べた。

したがってユタ州で動物虐待を登録し、重罪の罰金を付ける可能性は少ないとセコは言及した。

ユタは米国の動物法律的防衛基金(The Animal Legal Defense Fund)順位の47位に過ぎない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!