Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]「チョコレート、ブドウ、ポテトチップス… 「犬に絶対与えてはいけない食べ物

/
/
/

犬はおやつを食べる機会を虎視眈々と狙って主人の食卓の周りをぐるぐる回る。 しかし、テーブルの上に残ったレギュラーくちばしと食べ物はほとんどの犬によくない。 人が食べたり飲んだり食べ物を犬も食べることができていると思っている人もいるが、非常に危険なことができる。 いくつかの食品は、肥満の原因となるだけでなく、生命を脅かすこともあるからだ。 そして犬が以前には何の問題もなく食べた食べ物だとして安全であることを意味ではない。 犬に有害な食品を調べてみよう。

1.チョコレートとコーヒー、カフェイン飲料

米国動物虐待防止協会(ASPCA)によると、カフェインが含まれたチョコレートと、複数の食品には、犬に有毒である物質が含まれている。 カカオ種子とナッツエキスに含まれているメタルジャンチンと呼ばれるアルカロイドの化学物質、すなわち、テオブロミン、およびカフェインがまさにそれだ。

これらの化学物質は、神経系と心血管系を刺激する。 この物質は、本体内に入ると、本体は、これをゆっくり処理し、細胞プロセスを変えることができ、中枢神経系と心臓の筋肉に刺激を与えることになる。 子犬が、このような物質を摂取すると、▲嘔吐▲下痢▲喉の渇き▲異常心拍数▲発作を引き起こす可能性があり深刻な場合、死亡することもできる。

2.タマネギとニンニク、ネギ

ニンニクとタマネギ、ネギなどは犬を中毒させることができる。 このような食品は、チオ硫酸塩の成分が含まれており、犬の赤血球を破壊して溶血性貧血を誘発する。 特に調理していない生の状態で食べている場合、消化管に炎症が発生することもある。 致命的でないことがありますが、摂取量に関係なく、中毒状態に至る。 症状が摂取直後ではなく、数日後に表示されることもできる。 症状には、▲嘔吐▲呼吸困難▲食欲減退などがある。

3.キシリトール成分が含有された食品

キシリトールは、剣やお菓子、パンのようなやつに含有する人工甘味料である。 そして歯磨き粉や口腔洗浄剤などの衛生製品にも含まれている化学物質で摂取時インスリン分泌を誘発し、肝疾患と関連がある低血糖症と血栓、血糖の減少などにつながる可能性があります。 特に、犬の場合、血糖値の減少、症状は非常に致命的である。 キシリトール成分の食品を摂取した場合、症状は▲嘔吐▲発作▲調節機能の損傷などがある。

4.ブドウとレーズン

ブドウとレーズンは本を中毒状態に欠かせな毒性物質が含まれている。 子犬がブドウを摂取すると、重度の腎臓病の原因となることができる。 つまり、摂取して12時間後に腎機能が停止し、嘔吐や下痢を開始する。 すぐに治療をしていない場合は、▲脱水▲食欲減退▲排尿活動の増加などの症状が現れる。 長期的な腎疾患につながって3〜4日が経過した後は、死亡することもできる。

5.アルコール

人が食べたり飲んだり、アルコールが含まれた食品や飲料は犬に有毒になることがあります。 アルコールが本体内に入ると人と同じような反応が現れる。 つまり、見落とし脳に影響を与えるものである。 アルコール飲料に含まれるエタノールの一部ビールに含まれているホップの実はアルコール中毒を誘導する。 症状には、▲嘔吐▲方向感覚の喪失▲体温上昇▲中枢神経系の機能低下▲呼吸困難▲昏睡状態があり、深刻な場合は死ぬこともある。

6.マカダミアナッツ

マカダミアナッツは毒性が入っていて、犬が食べる場合麻痺の症状との調整能力喪失などの症状を引き起こすことができる。 筋肉と神経系に影響を及ぼし、うつ病や嘔吐発作、高熱などが誘発される。 これらの症状は通常、摂取後12時間が過ぎて表示され、二日間持続することができる。 ナッツをチョコレートと一緒に摂取した場合、症状がさらに悪化して死ぬことができる。

7.アボカド

アボカドはポシンという成分が含まれておりつ食べる場合、胃腸障害や嘔吐、下痢などの症状が現れる。

8.塩分が含まれている食品

塩味のポテトチップやプレッツェルを犬と分けて食べてはならない。 犬の多すぎる塩分を摂取した場合、のどの渇きがひどくなって、排尿活動が頻繁になり、ナトリウムイオン中毒に至ることができる。 そして▲うつ病▲嘔吐▲下痢▲発熱▲発作などの症状が現れて死ぬこともある。

子犬が食べてはいけない食品を食べた場合は、直ちに動物病院に連れて行かなければならない。 そして犬に見知らぬ食べ物を与えた場合、獣医師の助言を求めなければならない。 何よりも重要なのは、犬がどんなに感動させる目つきで眺めていても人が食べる食べ物を与えてはいけないということである。 犬に適していない食べ物を与えれば、体重増加とそれ以上の深刻な病気にかかることがあることを覚えておかなければならない。 子犬のために製造された適切な飼料のみを与えること、犬の健康を保つことができる方法である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!