Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]しきりに家の外に脱出する猫…予防は何?

/
/
/
▲猫は多くの場合、家の外に出ることができ、これは家が楽か、あるいは外の世界に向けた探索審議本能によるものである(出典=ピクサーベイ)

室内のみとどまる家猫でも、時には保護者が知らない間に家の外に脱出するミョヘンを見せたりする。 これらのここには明らかに理由が存在する。 猫が家の外に出て行く理由とその解決アトヌン方案について調べてみよう

猫が外に出てたい時

実際、多くの猫の保護者がこのような状況を経る。 猫は時折家外に出る傾向に見えるが、これ猫の天性である。 すぐに領域を確保して生きていく動物であること。 これ自分の領土を継続的にパトロールする必要性を感じている。 これに加えて、自然に好奇心も多く、外の世界の探検を楽しむ。

家の環境も猫を運転し要因になることができる。 家が小さいほど、室内ではなく、外に滞在したい傾向が高まることがありますが、例えば中性化手術をまだ受けていないオスであれば、広い範囲の本能的な必要性を持つことができる。 また、一部の猫は他の猫たちよりもはるかに探索と冒険が強く、頻繁に外の世界を疑問に思うことができる。

家の外に出て行った猫に臨むことができるリスク

一部の保護者は、猫が家の外で自然に環境を楽しむように放っておくもある。 しかし、外では、家の中では、苦しまない他の危険な要素も多いことを知っていることが重要である。 例えば捕食者や本、悪意のある人、ロードキル、寄生虫や病気の危険性が潜んでいることを認知するのが良い。

しかし、このような保護者の心を猫がアリない。 これ外に出ない状況に圧迫を受けるならば、出かけたい熱望はさらに大きくなるしかない。 これは、予期しない危険に近づくことができ、屋外に慣れていない可能性がある危険性はさらに大きくなる。

▲猫が家の外に出るのを防ぐためには、訓練や猫が嫌いな要因を活用して、ドアに接近しないようにしなければならない(出典= Flickrの)

猫の脱出予防

ほとんどの保護者が最も影響を受けやすいことができる部分は、出てたい猫を正しく対処できない点である。 もちろん猫は通常、再び一定時間が経過すると、家に帰ってくるが、予期しない事故で傷や負傷戻ってくることもあり、さらには永久戻らないことがあります。

これ猫に特定の場所や出入口などを利用できないように訓練させたりするが、いつでも自分たちにチャンスだけ来れば家の外に飛び出していくことができるということを心に留めた方が良い。 これは猫の探索芯と好奇心から来ている自然な現象だからだ。 これと関連しな猫が室内によりモムルスようにするいくつかの脱出防止法を紹介する。

1.訓練を通じて禁止された空間から抜け出しよう動機することが重要である。 そのためには短い単語の音声をエクスポートまたは手を打つ行動に猫を別の場所に移動させるのが良い。 そして猫は徐々にこのような音に慣れながら、禁止されたゴアクれるでいくもう好奇心を感じなくなる。

2.玄関や他の家の中の出入り場所を猫に良くないイメージで刻印させることも一つの方法である。 猫が歩くときの不快な感じができるようにアルミホイルを敷いておいた方がいい。

3.他にも両面テープを使用したり、プラスチックフロアマットを活用して、スパイク面を上に向けても代替することができる。

4.猫防虫剤を使用する方法もありますが、この装置は、猫が外に出ようとしたときに音を立てる音と一緒にスプレーが発射され、猫の行動を妨害することができる。

5.柑橘類やレモンの匂いが臭い抑制剤も猫を禁止された場所から離れるようにすることができる。

6.家の外に出て行くことを考えてないように、家の中でおもしろく遊べる他の選択肢の活動を設けることも考えてみるだけである。

7.猫ラウンジを設け、さらに快適に休むことができるようすれば、玄関などの他の出入り口への関心を遠隔作ることができる。

8.ベッドまたは家の中にとどまっている時の補償を与える練習をすることもできる。

室内で猫が幸せに付き合う

猫が自分が留まる家が快適に感じられなければ、上記のアドバイスは効果がない。 これ最も重要なことは、室内環境を猫に最適の空間にして与えようと努力である。 これには2つの考慮事項があり、すぐに猫の領域を広げ、より多くの刺激を与えるものである。

まず、猫の領域を拡大することは、単に、より大きな家を作りなさいという意味ではなく、、猫が楽しむことができる家具や棚を多く追加することを意味する。 それとも裏庭に猫のためだけに専用のスペースを設けてくれることもある。

また、より多くの刺激を与えるためには、猫を興味深くしてくれるいくつかのノルイトガムやその他の遊びの時間を活用するものである。 例えば猫専用のおもちゃを用意したり、双方向遊びの時間をより多く設定する方法を活用すればいい。 他にも連絡先が含まれたマイクロチップを移植したり、首輪を毎、もしかしたら知らないことに備えることができなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!