Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]の忠誠心の代名詞犬、他の動物にも愛情多く

/
/
/
▲犬と絆を感じる女性(出典=ピクサーベイ)

約10年の間に所有者を待ちわびた「忠犬ハチ公物語」は、全日本人の心を鳴った逸話だ。 以後ハチ公は忠犬の代名詞として有名になっ取り、日本の教科書に載せられ、映画でも公開された。 このようにハチ公物語は、犬のようなペットがどのように深くマスターを愛することができるかどうかを示す。

次に、所有者のように人ではなく、動物、すなわち、それらの同士いくつかの種類の愛をして表現するか? 犬は他の犬や動物とも親しく過ごし愛情を表示する。

動物が示し愛の心理学

▲犬の所有者の手のにおいを務めている(出典=ピクサーベイ)

動物も愛をすることができる。 しかし、人が愛のように、動物も互いにロマンチックな愛を分かち合うことができているかはまだ不明である。

科学的な証拠によると、動物も人のように、同じカテゴリ内の感情を感じることができる。 心理学雑誌の間エコロジー今日に掲載され記事によると、哺乳動物の脳と人の脳は、同様の機能をする。

人が他の人に感情を感じて行動をとるように、動物も同じような経験をするというものである。 これらの動物的な表現で、動物が人や他の動物にどのような方法で愛着を表か見ることができる。

同じ記事に掲載された「グレーフライヤーバービー」の話は、犬の所有者に持っている忠誠心をテーマにする。 スコットランドに住んでいたスカイテリア種のグレーフライヤーボビーは警察官だった主人ジョングレイが死ぬ、所有者の墓地の隣で、10年の歳月を費やした。 この物語は犬どれだけ忠実伴うことができるかを示す実話だ。

感情を表現することができる動物

研究者が研究室で他の動物を解剖したときに、これを見守る動物は悲しみを感じない言葉がある。 これは根拠のないデマに過ぎない。

動物も人のように悲しんで画家出、幸せで、感謝することができる。 動物も友情を表し、興奮や好奇心、愛などの感情を伝達する。

マークベコープ生態学博士は、動物が、さまざまな感情を表現する方法を説明した。 ベビーコープ博士は「犬のような動物は、人よりも優れた運動と感覚能力を持っている」とし「海馬は自分の子が殺されたことを目撃した場合の痛みに涙を流し、ゾウは友情を交わした象の友人を失ったとき悲しみに涙を流す。 ザトウクジラの場合ダイビングに感謝を表現する」と述べた。

▲ブル(出典= Flickrの)

犬の愛を表現する方法、ボディランゲージ

動物の愛表現法を説明するときは、常に犬が登場する。 犬は先天的に愛情が多い生命体だ。 これらのボディランゲージを介して感情をすぐに伝える傾向を示す。

犬が愛と幸福、感謝を表現する信号がある。 犬幸せに最も一般的に見られる行動は、尾を振るだ。 一方、尾に悲しみや恐怖を表現することもできる。

ボディランゲージは、犬のような動物が主人以外の人にも愛を表現する方法である。 人は犬の自分に沿って来るか、または顔を舐めたり良く騒ぎを震えたり、ジャンプをする行動などでの気持ちを判断することができる。

一方、インサイドエディションに掲載された記事では、救助されたピットブルが新しい家に養子縁組されて、その場所にいたモルモット二匹に愛を表現する話を扱った。 このピットブルの名前は茂木で、動物保護センターにあった遺棄犬出身だ。

茂木の新しい所有者は、最初は茂木を採用することを躊躇した。 ブルは、積極的な性向を持ち、飼っていたモルモットを傷つける可能性があるという気がしたからである。

しかし、驚くべきことに茂木は二モルモットに愛情を見せた。 茂木は優しさと愛を表現する身振りでモルモットを舐めた。

すると二モルモットも茂木横から離れることなく、愛を表現した。 モルモットは茂木を全く恐れていなかった。 三動物はすぐに似合っては一緒にご飯を食べて、寝た。

この三動物を友情と愛を示したし、彼らだけのボディランゲージで感情を伝達した。 これは動物も互いに愛することを示す事例である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!