Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]の新技術、犬を生かす

/
/
/

他の攻撃で重傷を負った生後4ヶ月の子犬が3Dプリンターの助けを借りてようやく回復することに成功しました。

けがをした犬は、スタッフォードシャーブルテリア種の「ロカ」である。 ロッカは、他の犬に噛ま頬骨と顎骨折、顎関節の損傷、顔と首にチョンゴンソン傷が生じた深刻な負傷を負った。

ロッカは事故後、カリフォルニアデイビス大学の獣医診療センターで治療を受けた。 獣医は、ロカの状態を診断した後、3Dプリンタで出力した外骨格マスクを被せる方法を選んだ。 この外骨格マスクは愛犬用外骨格という意味の「Exo-K9 Exoskeleton」という名称で呼ばれ、治療中骨折を固定させるために、腕や足に車ギブスのような役割をする。

ロッカが診療センターを見つける前に、この外骨格マスク装置は、大学の獣医病棟と工学部が一緒に研究協力して開発が完了した状態だった。 デイビス大学によると、この外骨格装置を実際に着用した事例がロッカが初めてだという。

獣医は、ロッカのCT撮影パターンを参考にして外骨格装置をロッカに合うように設計しており、3Dプリンタを用いて設計パターンを出力した。 ロッカは、このデバイスを一ヶ月間着用した。

1カ月後、ロカの顔面をCT撮影し、当然の結果だが、新しい骨が育ち行わていた。 新たに定着した顎関節が機能を見つけることができるように時からローカルに硬い飼料を食べた。

3ヵ月後、再びCT撮影を進行した結果、ロッカの顎関節が早い回復を見せているということが分かった。

数医学界の新たな技術革新にロッカは、他の犬と同じ生活を生きていくになった。 すべて暖かい心を持ってロカのために外骨格装置を開発した人がいたからである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!