Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]エキゾチックで独特なペットたい場合は?…考慮すべき事項

/
/
/

一般的な犬カナ猫ではなく、エキゾチックで独特なペットを飼ってたい気持ちがドゥルテがある。 たまにFacebookやインスタグラムなどのソーシャルメディアに紹介されているかわいいペットの映像と写真を接しながら、このような考えはますます大きくなるものだ。

このようなエキゾチックなペットにはトカゲやイグアナ、ヘビ、カメのような爬虫類からチンチラや高湿度値のようなげっ歯類と同様の動物まで、非常に多様である。 しかし、このようなユニークなペットを直接育てることは、一般的な犬や猫を飼うのと多く異なることを知っておくのがよい。 飼料の値、医療費などの維持管理費などの金額的な面に加え習性に応じた環境を提供し、絶え間ない愛情を与えることができなければならないから。 また、自分が住んでいる居住地から動物を育てることができるかの可能かどうかも把握しなければならない。

エキゾチックな動物を育てたいすべての人々が知っておくべき事項について調べてみよう。

法的な問題

自分が育てたい動物を連れてくることが正当であるかを知ることは非常に重要である。 実際に多くの動物が個人的な所有において不法に制限されているためだが、仮に非常にかわいい赤ちゃんトラを買うことができる場所を見ても、これは単に購入した後、家に連れて来ることができるという意味ではない。

一番最初に、自分が居住している地方公共団体にペットポリシーについてお問い合わせすることが不可欠である。 ペットポリシーには、特定の種の絶滅を避けるためにペットとしてならすことを禁じる内容が含まれるが、これは一部の種は、人間に飼いならされる、より自然の生息地でよりよく生き残ることができるからである。

脅威的な行動や習性により不法に扱われる動物もいる。 野生の習性をそのまま残しており、周辺の人々をかむか、またはさらに殺すこともあるからだ。 爬虫類の一部の種がこれに属する。 実際爬虫類の中で、人間が育てることができる種はごく一部で、アメリカ、フロリダ大学が発表したところによると、毎年蛇にかまれる事例は7000件に達したという。 もちろん、すべての致命的な毒を持っているわけではないが、死亡に至る毒蛇も存在するということを知るべきである。

▲ユニークな魅力の魚ああ一人枠(出典=ピクサーベイ)

情報を得る

育てる前の動物がどこ来たいくつかの習性をジニョトヌンか必ず知っている方がいい。 単に外見が可愛くカッコイイしてすぐに養子にするのはよくない。 また、先に述べたように、すべての動物がペットとしての価値があり、育てやすいわけではないので、人間と一緒に暮らすことができ、飼いならされることができる習性をジニョトヌンか調べることは非常に重要である。 動物研究員であるデビッド・マニングは、50種のエキゾチックなペットという著書を介して、動物と動物保護に関する情報をまず把握した後、自分自身と自分の環境と状況に最も適した種を決定することが良いと助言した。

コスト監修

ペットを育てることは、動物の種類に関係なく、自分の一生涯の家と空間を共有し、継続的に管理して世話をするという、一種の約束や同じだ。 例えば、猫一匹を家に連れてくるとしても猫に合うように、家の中の危険なものを削除するなど、猫に合わせて環境を調整してくれること。 犬も同じだ。 自分のライフスタイルと環境を考慮し、これに最も適した品種を連れて//mycompany.comから、同じように犬に合った環境を造成してくれるとする。 エキゾチックなペットも同じだ。

さらに、仕方なく出て行く費用も考慮する必要があります。 基本的には解決すべき食べることから始めて、病院の検査や治療費、その他の玩具など、予め備えていない場合、今後の驚きの金額に後悔をすることができるからである。 基本的な費用のほか、急突然降りかかる事件事故のコストも計算に入れなければならない。 つまり、自分の他にもペットに完全に世話管理することができる財政的な条件がなければならないという意味だ。

習性と生活習慣を考慮

犬や猫は、すべての朝に目を開いて昼に活動し、夜に眠る人間と同じようなサイクルを持っており、このような問題について心配する問題が全くない。

しかし、他の環境から来た動物の場合、保護者の生活習慣とは反対のサイクルを持っている可能性も濃厚である。 この場合は、保護者の方は、動物のライフスタイルを尊重しつつ、自分もそのライフスタイルをたどることができるかについての悩みをしなければならない。 例えば、朝と夜の両方に寝ぼけている場合は、真昼に活動をする動物を育てるのが良い。 そうではなく、夕方に活動をする動物であれば、この動物に合った環境を構成してくれることができなければならない。

また、動物の習性が外向のか、あるいは内気なのか、旅行が好きな積極的な面があるのか​​、あるいは家の中だけであることを好むかどうかなどのいくつかの情報を事前に探索して、自分の性向や生活習慣に最も適した動物を選択する必要がより良い関係を結ぶことができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!